一つのことを徹底的に貫くってこと。

一つのことを徹底的に貫くってこと。

本当にヤバいって言ってる割には、思えていないんじゃないか。
ありがたみのなさ。
今の会社だって、サラリーマンだったら一度は、勤めたい会社って思われる
会社で勤められてる。
これもある意味、宇宙からの応援でもあると思う。

そう簡単に、転職が決まる人って言うのもそうそういない。

それでも、ありがたみがわからない。

感謝があるやつって仕事ができなくなるやつじゃない。
感謝があるってことは、ひとつひとつのことに誠実に対応する。
一生懸命になれる。

リラに執着してるわりには、人格統合の意味がわからないって言えちゃう感覚。
このチグハグさ。

これ危ない。

自分では、わかってるつもりで、ど真ん中が抜けてるドーナツみたい。

本当のヤバさとは、仕事が決まらなくて、決まったとしても1年でリストラ。
子供も奥さんもいて、肩身がせまい思いをしてる。

本当にヤバいと感じるのであれば、もっと食らいつけるはず。

あなたの一生懸命は、プライドの一生懸命、良い子の一生懸命。
みんなからすごいって言われたいだけ! そこに感謝がない。

だれのお陰で今があるのか。
いろんな人があなたに手を差し伸べてくれる。
宇宙がいろんな人を動かしてくれているのに、それに感謝がない。

前の会社の辞め方に愕然とした。
あなたには感謝がない。
感謝がないから外す。

なにかに向かって努力するのは群を抜いてる。
それを誰のためにするのか
誰のお陰でできたのかが抜けてる。

それがお父さんとの関係に集約されている。
先生にやると言っておいて、やらない。抵抗してる。

父親との取組み
期限を決めて、押し入れのことを伝えようとしました。
伝えるチャンスは一回あった。けど、固まった。
言えず、終わった。

家族への取組み
奥さんに甘える。辛いを表現する。
毎日帰宅したら、今日どうだった?

子供への取組み
学校でどうだった?何かあった?

出来たことは、胸を張って、ブログにかけてる。
でも、やれてないことは、挙げない。

あなた毎日現実逃避してるとおもう。
それは、親父逃避に繋がる。
カルマ清算って一番やなとこに突っ込むしかない。
ここの覚悟が、やりたいって言ってる割には、未だに出来ていない。

だから、お父さんに感謝とか出来てないはず。
上っ面で好きって言えてるだけ。    25分27秒


※感謝を感じたいです。
が、感謝を感じようとすると、すぐに、善信仰だ!と僕の内側がそれを否定し始めることに、前々から気付いてました。
感謝がわからないんじゃない。感謝を感じようとしてないだけなのかも。

一番身近にいるじゃないか。
毎日毎日育児に奮闘してる奥さん、子供の存在自体。

何か、今、ハートがグシュってなって、涙ぐんで来た。
あるじゃん。気持ち、あんじゃん。
なんで、感じないようにしてんだよ。自分。
感謝を表現できるって、すげーことじゃん、恥ずかしいことじゃないだろ。
スポンサーサイト

物事の順序(ここは何度聞いても痛い)



宿題の報告からしない僕に対して、先生が指摘してくれました。

セッションとセッションの間があって、その間の出来事があって、今の心境がある。
あなたは、いきなり心境から入る。出来事をすっとばす。
この宿題も、言われたことだから、やる。やらなきゃ行けないになってる。

僕はと言うと、報告をしなきゃ行けないと思っていました。

通常は、報告したい!しないと気持ちわるい!になるはずでしょ。
ボールが先生から投げられる。それを次のセッションで報告と一緒に返す。
それが気持ちいいって言う感覚じゃないといけない。

この意識の根底にあるのは、
リラに通えば、答えがたくさん用意してもらえると思っている節がある。

昔は、死にものぐるいで2万円のセッション料を支払って
今は、仕事もあり、リラに手が届いてありがたみがなくなてるんじゃないか。

リラという夢があって、手が届いた。
リラは、現実を直視する場だから、リラの厳しさを肌で感じるようになってこんな状態になってるんじゃないか?(この頃、思いっきり存在感が消えていた)

要は、夕日にむかってがんばるんだーっていう青春ドラマ的なノリがないとがんばれない、そういう要素を感じる。

あとは、感謝がない。
自分の能力に対して、自分で褒めて挙げられてない。

自分の仕事をどれだけこなしているか実感がないからこそ
自分がどれだけ大事な人員だってことも分からない。

それに気付いて、落ちこんでいるように見えるけど、フェードあうとさせる。

リタイヤの人に共通するものが、問題の玉突き事故を起こす。
解決できないまま、玉突き事故。
やがて、カルマが吹き出す。

あなたは、そんなことをやり始めちゃっていて、突き詰められていないように見える。

3ヶ月でこつをつかまないと8期で通用しないよ。

15分28秒

※そうなんだよ。全部中途半端。

12月23日先生のセッション

12月23日先生のセッション

先生「どうその後は?」

自分「辛いって言うのがありますね。」

先生「何が?」

自分「ん〜(10秒ぐらい沈黙)セッションの記事上げられてないし、ブログも追えないし仕事で怒られっぱなしで、卑下を繰り返しています。

先生「リラにくるために、仕事変わったのに、取組みできないって本末転倒じゃない」

という会話から始まったセッション。

改めて、聞いてみると、自分にあきれる。忙しいから、取組みできねーんすよ!俺!って言ってる。アホか。自分。なんのために来てんだっつーの。言い訳ばっかだ!

そして、もっと大事なこと。

先生とのキャッチボールができてないってこと。
宿題を出されているのに、宿題の報告から始まらないセッション。

ここを深く、書いて行きます。   9分40秒

今日のセッションで。



後日、また上げるけど、
一番痛かったのが、宿題の意味が自分の中で薄れてて、
結果主義、行動主義になってたこと。

これは、本当に根深いよ。

12月の先生のセッションで、一つ一つ課題を潰していくことと教えてもらい
課題表なるものを作った。それまでは良かった。

けど、宿題、課題のそもそもの意味が薄れて、「いつまでに、何をやるか」「しなければならない」になってて、極論すると、出来なくて、自滅する。こんな感じで
人格に持ってかれて、終わるんだろうなって思った。

いかんよ、いかん。

それと、そもそも8期目指す理由てなに?とマロさんに質問されて、
変えたいとか、チームを作りたいってところまでは言えたものの、
そこから一歩踏み込んだ何かが出てこなかった。

考えると頭が痛い。

それ、煮詰めよう。しなければ、じゃなく、したい!やりたい!で。