リラへの決意は一体どこへ行ったんだ。

  • Day:2011.04.29 04:42
  • Cat:日記
リラへの決意は一体どこへ行ったんだ。

上司と退職時期について話をしました。

結果は結論が出ず、GW開けに再度話合うことになりました。

問題点は沢山あり、
・会社を辞めること自体に罪悪感を感じてしまったこと。
・そんな罪悪感を感じている自分を悟ってほしくて、
 向こうから「じゃー、辞めようか」と言う言葉を待ってしまったこと。
・退職=悪いこととイメージが繋がってしまい、なるべく摩擦を起こさないように
 自己弁護といい子ぶりっこを繰り返してしまったこと。

完全な超ド近眼的な考えにどっぷり浸かってしまいました。

反省をしながら、背景を探ると、
チャレンジ(赤ペン先生)、塾、家庭教師、その他習い事が長く続かなかった
小学校の高学年のころを思い出しました。

これをやりたい!と言い出し、親は期待を込めてお金をだしてくれるけど、
結局1年も経たずに、やめてしまうということを繰り返すうち、
親の残念がる顔を見て、悪いなと思いながら、結局諦めてしまうことを
繰り返していたからだと感じました。

だけど、

このやっては、やめ、やっては、やめを繰り返す
そもそもの背景ってなんだろうと考えると、
幼稚園~小学校低学年ぐらいにさかのぼり、

ファミコンのソフトを買いまくってたころを思い出します。

両親には、誕生日とクリスマスプレゼント以外には、プレゼントは買ってもらえないので、
おじいちゃんにせがんでバッカバカ買って貰っていました。

少しやっては、買ってもらい、前に持っていたやつには、興味をなくす。
更にせがんで買ってもらい、また、興味をなくす。

親には、怒られるけど、じいちゃんには、怒られない。
親は、じいちゃんには、強く言えないってことを知っているから、
更に調子にのる。

甘ったれの、チャン坊だったんです。

退職の話をした時点で、
もう、この保険の仕事に興味を示さなくなってしまいました。

非常に危ない。この状態。

会議室で話している自分を思い出すと、
体はおっきいけど、子供そのものの自分がいました。

こんな姿、子供に、胸張って、お父さんはがんばってるぞ!
なんて、言えない。

まじビシッと!軸ぶらさずに、堂々と前に進めるよう
金ちゃんと話さないと。

GW開けのミーティング。ビシッといきます。
ビシッと。
スポンサーサイト

ジャーナリズムに興味を持ってよかったこと。

  • Day:2011.04.26 23:23
  • Cat:日記
ジャーナリズムに興味を持ってよかったなと
(厳密に言うと、神保哲生という人に興味をもった)
思えたことをまとめてみました。

人格統合するにあたり、この神保哲生さんの取材に対する取組・姿勢が
すんごい参考になりました。

●ジャーナリストの基本姿勢
「何が問題か」という視点であらゆるものを捉えること。

●ジャーナリストとは?
リポーター(※)としての経験を通じて様々な判断を下す内に、自分独自の
スタンスを確立し、あらゆるテーマに対してもその独自のスタンスから
切り込むと同時に、そのスタンスを世の中から認知された記者
(※)リポーターとは、言われた通りの記事を書き、それに何らかの
状況判断を加えた記事をかける人のこと

独自のスタンスってところがよくわかんなかったんですが、
こういうふうに、取組をしようと(少なくても記事にしよう)決めました。

【取組みスタンス】
日常的に、何が問題か?を意識し、人格統合モードで生活をする。
出来事には必ず背景があるはずだから、そこを過去にさかのぼって
追ってみる。
その上で、どうしたら、現実を変えられるのかを
具体的な行動レベルでスケジュールに落し込む。

【記事スタンス】
問題(出来事)を挙げ
それを分析・深堀をする。(背景をしる)
そして、処方箋(具体的な行動レベル)を出す。

例えば、【取組スタンス】で言えば、
リラに通うお金がないという問題があり、
背景には、営業成績があがらない。
更に、プライドが邪魔して、先輩にノウハウを聞けなく
全部自分でやろうとしていたことが原因でした。

で、具体的には、
バカになるとか、ハートで商談にのぞむだとか、
わからなかったら、先輩に即質問だとか
日常的に変えるような具体的な行動スケジュールを立てました。

実際動いてみると、営業成績があがり、収入もちょっと上がりました。

自分が思う「正しいやり方で、正しい行動を、正しくやれば、」
悪くなる理由がないということを学びました。

とにかく、前を向いて、ちゃんと生きてみようと考えています。

はやく、予備校通いたい。

あした、上司と具体的にいつ退職するのかを話し合います。
ゴングは16時から。
いや、戦いじゃないか、、、。

おっしゃ。早く寝るぞ。

そもそもなぜ、リラに通うと決めたのか。

  • Day:2011.04.26 00:19
  • Cat:日記
そもそもなぜ、リラに通うと決めたのか。

先生のセッションを受けて、予備校に通うと宣言しているものの
会社との退職日程が未だ決まっていない、というよりも
引き止められている状況の中で、今一度ぶれない為に、
そして、今一度なぜ、リラに通おうとしているのかを
再認識と再確認を自分の中で、しておこうと思い
この投稿を書いています。


生きるとは何か?人生とは何か?という問に対して、
昔を思い出し、各年代の自分だったら、どう答えるんだろう?と
改めて、自分に聞いてみました。

15歳の自分(高校生)
 →よくわかんねぇ。
19歳(専門学校生、バンドでドラムやってたころ)
 →働くって意味分かんない。バイトで食っていけばなんとかなんじゃん?
20歳(フリーター、バンドでドラム)
 →35歳までフリーターでいいんじゃないの?何とかなるっしょ。
25歳(2歳の子供がいる)
 →家族を持って、仕事して、何だろう、人生って
29歳(3年前、バイト掛持ちで生活していたころ)
 →そんな、こと言ってらんない。
32歳(現在)
 →人生は自分で切り拓くもの。

ざーっと、見直していると、24,5歳ぐらいから
人生って何?みたいなことを自問自答していたような感じがします。

ただ、一貫して、それと相反するように
「何かもう一つぐらい別個の世界があってもいいはず」
「死んだらどーなるんだろう」
みたいなことは、子供の頃から考えていて、
例えば、小学校の帰り道に、ふとこんなことを考える自分がいました。

今、自分が歩いているけれども、これって、世界が動いているのか?
自分が動いているのか?とか、
その角を曲がった先は、まだ何もなくて、自分が角を曲がると
初めて世界ができるんじゃないか?とか、
結構な頻度で、今で言うと、妄想的なことを考えていました。

話は、逸れましたが、
24、5歳から生きるとは?人生とは?みたいなことを自問自答し、
なぜ、想定外だらけの、生き方をしてきたんだろう?
例えば、する気もなかった結婚をなぜ、あれほど自分が望んだのか?
    子供は絶対作らないと決めていたのに、なぜ、3人つくったのか?
    障害者の子どもが生まれてきたのはなぜなのか?
    なぜ、こんなにも、生きたいように生きられないのか?
などと、なぜ?が付く生き方を選んで来たのか?そして、
この先、どうなるんだろう?

一体いつになったら、余裕かませて生きれるんだろう。

そんなことを考えながら、悶々と過ごしてきたのが、
去年の2010年3月ぐらい。

ちょうどそのころ、
ネガティブを愛する生き方を読み、
生きるとは何か?という問に、初めて回答を得られたような感覚を
(あくまでも感覚ですが)覚え、リラへのスクールをおぼろげながら
考えるように至りました。

ただ、未だに、お金と時間の問題が足かせとなっていますが、
これも、軸をぶらさなければ、来月半ばには片が付く予定です。

まだ、人格統合のスタートラインにも立っていませんが、
ずーっとずーっと疑問で疑問でしょーがなかった
数々の疑問・問題の答えが自分にあり、
背景を探って、分析したり、答えを手探りで探していく生活に
充実感を覚えながら、一方で、諦めたくなるような出来事にも
出会って、辛くてしょーがない時期も必ずくるんだろうな。

そんなことを考えて、今、ドキドキしながら、生活しています。

がんばらな。自分。

家事を積極的にこなす。

  • Day:2011.04.22 22:56
  • Cat:日記
家事を積極的にこなすことが、しばらくの間の僕の取組み
だったんですが、
結局それって、ただやるだけ、こなすだけの作業に終始してしまっていました。

家事を積極的にやるようになった理由は、
奥さんのやっている家事・育児が膨大な量になってしまい
いつも疲れているから、それを何とかしたいっていう考えからでしたが、
いつの間にか、淡々した作業になっていました。

以前であれば、
洗濯や食器洗いをしながら、奥さんをねぎらったり、
そこには、会話があったのですが、
今はもう、黙々とこなす。文字通り「こなす」。
終わったら、さっさと寝る。

そんな感じです。

で、その黙々モードが一日中を支配といったら大げさですが、
とにかく、何でも黙々モード。
余計な会話なし的な生活が、奥さんに言われるまで、わからなかったんですね。

よかれと思っていたことが、真逆になっていた。

今日、ふとしたことで、喧嘩になり、
溜まっていたのもをぶつけられ、イラつきはしたものの、
奥さんのためだったはずが、奥さんの気持ち抜きで
作業と時間だけが過ぎてったんだ。

なんて、おバカだったんだろうと、、、、
けど、一段登ってる感じがして、
結果オーライ。

久しぶりに子供たちとお風呂に入りました。

そもそもの話

  • Day:2011.04.20 03:50
  • Cat:日記
最近、原発について調べることが多く
その流れで、ジャーナリズムっていうものに興味がでてきました。

正確に言うと、ジャーナリズムというよりも、
ジャーナリストの「神保哲生」という方にすんごい興味が出てきました。

ビデオニュースドットコムという番組を持っている方なんですが、
脳天にドキューン!とくるような、動画がありました。

学生に対して、
報道とは?ジャーナリズムとは?を教えるスクールがあり、
その講義の中に出てきた言葉です。


メディアの抱えている問題について話しているくだりで、

「メディアが機能しないと、メディアそのものが理解できない。
例えると、政治メディアが機能しないと、政治そのものが理解できない。」

この言葉、すんごい深くて、広いなぁ。と実感したんですね。

「メディアそのもの」っていう意味が、単なる媒体っていう意味じゃなくて、
会社の体質から始まり、メディア(媒体)を作っている人は膨大な人数がいるけれど、
実際にメディアを動かしている人は、ほんの一握りで
例えば、スポンサーに配慮した、恣意的な記事だとか、シビアな問題を扱うときの会社の姿勢とか。

本来、メディアのあるべき姿が機能しないと、報道機関そのものが理解できなくなってしまう。
ってことだったんですね。

なるほど!すごい!
この考え方って生かせないかな!と。

で、実際、当てはめてみたんです。

「そもそも、僕が機能しないと、僕という人間そのものが理解できなくなってくる。」
ちょっと、プラスアルファすると
・人と関わることでしか成長できない
・現実社会を変える
・分裂人格がいる

つまるところ、
①分裂人格たちと、主人格の自分が積極的に、人と関わって、行動していかないと、
②そもそも、僕という人間がどうしたいのか?どう在りたいのか?が理解できなくなってしまう。

これ、面白いですよね。
①から②が導き出せるけど、②から①を導こうとすると、ちょっと飛躍があって、無理が出てくるんですよね。
書いてて、気付きました。

おっ、発見。
動きて~、早く予備校通いて~。

この先週末からの風邪&熱でわかったこと。

  • Day:2011.04.18 23:00
  • Cat:日記
無理だけど、Goできる無理と
Goできない無理もあって、
今回は、Goできない無理でした。

ほんと、つらい。

今日会社に行こうとし、革靴の底が剥がれてきたので
靴屋によったところで、体が悲鳴を上げました。

そのまま家に帰り、布団に直行でした。

で、ここで、気になった感覚があるので、メモしておきます。

いつもオッシャやるぞと決めて出勤をすると
他人の目線って気にしないんですが、
今日はメチャクチャ気になり、

履きつぶした靴みられて、かなり貧乏してんじゃん?とか、
テッカテカのスーツを見られてるんじゃないか?
髪もボサボサで、大丈夫?

みたいなこと思われてんじゃないか。みたいな感覚を感じました。

ん~。

この感覚、久ぶり。

自分に自信のなかった高校生の時や
22・3歳ぐらいに感じてた感覚でした。

でも、この自信のある時ってのが、多分ミソ。
自信のある時とない時の比較をして、ちょい掘り下げてみないと、
今回のこの感覚、うすーく撫でておわるんだろうな。

うっし、この次のブログは、
自信のある時、ない時、で行こう。

って無理してんじゃん。結局。
頭イタイ。

in 昭島(中神駅)

  • Day:2011.04.15 12:55
  • Cat:日記
春っすね。

昭島市の空は広い。
最高にきもちいいです。

が、何と面白い寿司屋さんを発見!
どうみてもホームランじゃあない!
photo:01



いい!

iPhoneからの投稿

今日もお客様の事故受けでアポ in 西新井

  • Day:2011.04.14 23:18
  • Cat:日記
午前中、西新井に会社のあるお客様の事故受け。

会社に着き、ピンポーンとならし、待っていると
おばあちゃんたちが井戸端会議をしていました。

聞き耳を立てていると、どうやら菅直人が嫌い!とか、
そんなことを言っていました。

子供手当てを
出すといったり、満額にしなかったり、
東北地方の復興に子供手当ての財源を回すので、
10月以降はでないとか、、、。

「とにかく私、菅直人大っきらい!」と言っていました。

で、僕気付きました。

あっ、僕と同じだ。
批判するだけで、結果的になんにも変わってない
というか、変えようとしてない。

原発事故関連のことをツイートしてるだけで、
結果的になんにも変わってない。

同じだ、、、。

でも、どうやって変えようか。

現実を変えなきゃ、スクール通う意味ないぞ。

どうする自分。

いい!

  • Day:2011.04.14 21:00
  • Cat:日記
ジョジョの奇妙な冒険
パロって、原発事故のことを批判しているサイトがありました。
(↑このリンクはジョジョの紹介ページです。)

どんなパロディの仕方かというと、
ジョジョには、キャラが際立った登場人物がいて
際立った上に、際立った名台詞がいくつも散りばめられています。

その名台詞で、事故のことを批判していました。

で、何がひかかったかというと、
去年の10月に先生のセッションを受けたあとに、
ファンキーに言われた感性とすごく似ていたので、紹介させてください。

共通しているのは、
「成長」と「行動」、「気持ちのあり方」がすごく似ています。

ジョジョ)
いいかッ!オレが怒ってんのはな てめーの「心の弱さ」なんだ 清水社長!
そりゃあたしかに「大地震」でイキナリ想定外の大津波が来たんだ。衝撃を受けるのは当然だ!
原発は「爆発」しちまうんだからな オレだってヤバイと思う!
だが!オレたち東電の他のヤツならッ!
あともうちょっとでノドに食らいつけるって「冷却」を決して諦めたりはしねえッ!
たとえ腕を飛ばされようが脚をもがれようがなッ!
オメーは「ママッ子(マンモーニ) 」なんだよ清水社長!
ビビったんだ・・・甘ったれてんだ!わかるか?え?オレの言ってる事。
「大津波」のせいじゃあねえ。心の奥のところでオメーにはビビリがあんだよ!
成長しろ清水社長!「成長」しなきゃあオレたちは「栄光」をつかめねえ。
日本は救えねえ! そしてハッキリと言っておくぜ。
オレたち東電はな!そこら辺のナンパ・ストリートや仲良しクラブで
「原発は大丈夫」「原発は安全」って
大口叩いて仲間と心を慰めあってる様な自称専門家どもとは訳が違うんだからな。
「原発は大丈夫」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!


ファンキー)※営業成績が上がらない自分をファンキーがどうみてるかを相談したときの言葉です。
ファンキーからみて
今の俺どう?
そうだな、はっきり言って
クズだな。
俺が嫌いだった人種わかるだろ。サラリーマンだよ。でもさ、俺も成長したよ。嫌でも仕事しなきゃなんねー状況だってあるってことはわかってる。
サラリーだっていいじゃん。
けどよ、お前がくずな理由は
迷いながら仕事してるってことだよ。
最近のアポを思い出してみろよ。
決めきれねーやつらばっかじゃん。
お前そのものだよ。
おめーがおめーの現実作ってんだよ。
家族もいんだろ?
テメーが迷ってどーすんだよ。
だから金も結果も残せねーんだよ。
敢えて言わしてもらう。
おめーはクズだ。
今からでも遅くねーよ。
腹決めろよ。
がんばれよ。
そんなおめーは見たくねー。


両方共
ズシっ!てくる言葉です。

今日は仕事を放りだしました。

  • Day:2011.04.13 22:44
  • Cat:日記
上司と
辞めます!辞めるな!というバチバチがあり、いやーな空気になり、
なんでこんな引き止められんのかなぁ?
いざという時は、露骨に辞めさすのに、、、、。

これは、逃げてもいいから、気分転換しよう。

で、同期入社のやつを誘い、所沢にある、航空公園に花見に行きました。

弁当買って、酒買って、だいぶ飲んで、バッティングセンター行って
直帰しました。

飲んでる最中、お客様から
「金子さん、契約するよ。」という電話が入りました。

久ぶりの大型契約!
これで、今月もノルマ達成。やったね。
今もほろ酔いで、ブログを書いていますが、
酔った勢いで言いますが、
「俺、すごい。がんばってる。」
辞めますって言い出してから、大型契約決めたやつ、見たことない。(笑)

もう寝よう。

明日の朝、洗濯。

今日はもう、閉店、、、。

ZZZ
ZZ
Z

やっぱり今日も原発の話なんですが、

  • Day:2011.04.13 00:53
  • Cat:日記
色々と調べてみると
もう東京電力はお手上げ状態で、アメリカのGEではなく、、、、、
あれ、、、どわすれしちゃった、、。

アメリカに本社がある会社に
福島の原子力発電所の後処理などを依頼し
窒素ガスを注入するように指示したのもその会社らしいです。

なんでも、福島の原子力発電所を廃炉にし、更地にしたあと
何を建てるかまで10年単位ぐらいでスケジュールを東京電力の本社で
膝を付き合わせ組んでいるとのことでした。

ただ、再臨界は現実に起こっていて、
炉心内の水位が下がり、温度があがり、炉心融解が起き
更に水位が下がり、温度があがり、炉心融解が起こる
このサイクルを繰り返すと最悪爆発が起こるそうで、
予断は許さない状況だそうです。

ん~なんだろう。
この原発に関しての異常な興味とそれをブログに載せる感覚。

あんまこんなこと今まででなかったなぁ。

俺知ってるぜ的な優越感に浸りたいだけのもんなのかな。

文末も、「らしいです。」とか「だそうです。」とか多いし、、。

なんだ。今日おかしいぞ。

昨日の夜中、20年飼っていた猫が大往生しました。

  • Day:2011.04.12 00:26
  • Cat:日記
僕が12歳ごろに、ばあちゃんが拾ってきた猫でした。

名前をイシマツといい、
あの「森の石松」から名前をとりました。

拾った頃、左目が大きく腫れていて、手術をし、
以来、左目がない状態でした。

なので、イシマツです。

最初、一緒に遊んだり、寝たりしていたりしましたが、
いつのころからか、僕が猫アレルギーになってしまい
ほぼ、18年間ぐらい撫でたり、一緒に遊んだりしませんでした。

ここ半年ぐらいでグッと弱くなったなといった感じで、
耳が聞こえなくなったり、足をひきずるようになったり、
ここ2~3ヶ月ぐらいは、やせ細り、歩くのにも不自由、
なによりも、体重が本当に軽く、体の幅もずっと細くなり
かわいそうだなぁ、不憫だなぁと感じていました。

昨日、実家に用があったので、行ってみると
もう歩けない状態で横たわり苦しそうに呼吸をしているイシマツがいました。

意識があるのか、ないのか、
たまに痙攣を起こしたり、苦しそうに口をバクバクさせたかと思うと
大きく呼吸をし、静かに横たわる。
そして、また痙攣、口のバクバク、そして大きな呼吸、この繰り返しでした。

あっ、もう逝くんだな。
そう思い、元気だったとき、人懐っこく足にまとわりついて来るイシマツを
猫アレルギーを理由に、撫でることもしなくなったことを詫びながら
ずーっと撫でていました。

明日の出勤時間まで撫でてやろうと思い、一方的ですが、昔を思い出しながら
話していました。

そのうち、父親が心配してイシマツを見にきました。

が、やっぱり猫アレルギーが酷くて、体中が痒くなり、
見かねた父親が、後は見るから寝たほうがいいと言ってくれました。

本当は一緒にいたかったけど、寝ることにしました。

その一時間後、息をひきとったとのことでした。

久しぶりに泣きました。

iPhoneからの投稿

今回の都知事選ほど悔しかったことはないです。

  • Day:2011.04.11 21:27
  • Cat:日記
今回の地震をきっかけに
原子力発電に興味がわき
いくつかの本を読んでいます。

なので
各立候補者が原発について
どう国に働きかけてくれるのか
という期待を込めて
選挙前から調べていました。

石原さんは、
原発を止めたら東京の経済活動に
深刻なダメージを与える
即刻廃炉ということはありえない

わたなべさんは
最初、原発は争点ではないと
いいつつも、投票直前では
見直しをかけ新しいクリーン
エネルギーを作り出すといい

東国原さんは
太陽エネルギーを活かすと言っていました。
実際に宮崎県知事のときには
太陽エネルギー構想をあげていました。

討論会などを見ていて
最後の最後にわたなべさんが
一番に取り組むのは教育だと
言っていたのを見て、東国原英夫さんに投票を決めました。

あれだけ大きな被害を起きているのを
横目に原発に関しての今後の取組みや
こうして行きます!的な政策なんかを
僕にはイメージ出来ませんでした。

神奈川知事になった黒岩さんは
即刻廃炉!と断言をしていました。

色々しがらみなんかもあるんでしょうが
原発の扱いについては
明言を避けているような感じを受ける
東京の知事選だったのかなと思います。

で、何が悔しかったのかというと
投票率が56%ぐらいで
いつもとあまり変わらない数字みたい
ですが、これだけの被害規模を
リアルタイムで経験しているのにも
関わらず、投票率が60%もいってない
この状況に、勝手に憤りを感じています。
なんか悔しい。

それにこだわりますが
原発について真剣に向き合えば
これはヤバイものだって気付くはずだと
思います。

短期的な見方で東海大地震がおきない前提で
段階的に廃炉ならいいんですが
いつ起こるとも限らない大地震が
(東海大地震、関東大地震など)
ある前提と
廃炉するにしても
十年単位の時間がかかることを
考えれば、即刻運転中止を挙げるのが
民意を反映してることに
なるんじゃないかなと思います。

原発ちょーすきー
原発が無い生活なんてありえねぇよなー

なんて人聞いたことがないです。

で、そんな憤りを感じていても
実際現実をどう動かしたらいいのか。

このままだと単なる言いっぱなし。

どうしたらいいのかわからない
ってのが本当のところです。

もどかしい。
でもどうしたらいいのか。

原発を反対する団体に寄付する
だけじゃー意味がない。
放置プレーに近い。

ん~
悶々とします。



iPhoneからの投稿

6パックス!

この間の先生のセッションが終わり、
廊下で、先生と、向井さんと、鈴木さんと、山田さんと僕とで、話をしていると
先生に腹をつままれ、

「これはマズイな」

と、どストレートに言われました。

いや、そーなんすよ。
この腹は、まずい。

で、鈴木さんに

「目指せ、シックスパック」

と言われました。

聞きなれない言葉で、
ん?2pacsなら知ってるんだけど、、、、。
(hiphopの大御所の名前です。)
なんだろう、この3倍のパックスって、、、、。

あっ、
六個に割れてる腹筋のことか!

で、ちょうど、このyoutubeを見つけたので、
やれるとこまで、がんばろう。

1日6分の腹筋で6個に割れる!
やってみたけど、2分しかもたなかった、、、、。

長いぞ、先は、、、。


うー痛い。

髭剃り(T字)でザックリやっちゃいました。

こんな切ったの久しぶり。

キレテナクナーイ。

で、です。

切れた瞬間って全然痛くないんですが
いざ血が出てくると痛み出して
ダーって出てくる血を見てたら
ふらってなりました。

どんだけ血に弱いんだよ。




iPhoneからの投稿

今日成増のジョナサンで、、

最近読む本全てが
地震と原発関連の本です。

お客様の事故受けアポまで
しばらくあったので
飯を食いながら原子力発電の本を
読んでいました。

他のテーブルからたまーに
聞こえてくるのは
地震と原発の話しで
節電とか水が手に入らないなどの
話しの他、もう日本は終わりだね
とか言っていました。

リアルタイムのことなのに
地震と原発の件は他人事の
ように聞こえました。

例えば、
今、東海大地震がおきて
浜岡の発電所が被災してまい
大爆発を起こしたら
首都圏その他が放射能汚染されて
しまい時間をかけながら日本が
終わってしまうよねって
いうのだったらわかるんです。

笑ながら
日本は終わりだね
とか言ってるおかーちゃんに
腹が立つ。
子供が横にいるだろーが。

僕の感覚では他人事のように感じ、
もう遠くの場所での出来事に
聞こえました。

ちなみに
事故受けアポのお客さんですが
酒が入ってるらしく、呆れてしまいました。

頼むよ、社長。


iPhoneからの投稿

結局、本気じゃなかったのかよ。

親の会社に入社する件で
父親に言われたひとこと

「再来年ぐらいにしない?」

ちっ、結局ノリで誘ったのかよ。

で、リラに通うと決めていたので
今の会社は辞めると切り出したところ
急に不機嫌になり、
弟が最近オープンさせた飲み屋に
ついてもとばっちりを飛ばす始末。

うわーほんと、うぜぇ。
と思いながら昔を思い出し
そうだよな、、、自分と両親の
価値観の擦り合わせってしてこなかったよなー。

例えば
会社に務めることの意味
安定した会社に安定した給料
長男とはどうあるべきか
怒ると叱るの違い
三代続いている金子家の商売
仕事とは?

そんなことを思い浮かべながら
いけないんだけど
父親との会話も上の空でした。

早いとこ次の仕事見つけなきゃ。

リラ通いて~



iPhoneからの投稿

まじですかぁ。そのお気持ち逆にツライす。

会社辞める!
リラ通う!って決めて
父親と色々とあり、かなり
アウェイ感たっぷりで
それでも絶対上手くやってみせたる!
と気合をいれていたのに
気持ちがフラッと揺らぎました。

去年の九月に初めて訪問をした
お客様がいてずーっと
アプローチしていました。

小口の契約は頂けるも
契約したい商品には
届かずっていう状況が続いていました。

で、そのお客様から先週電話があり

金子さんが契約したがってる保険
検討するよ。

と仰ってくれました。

先程アポが終わったのですが
検討するきっかけを聴くと
・今の代理店さんの対応が度を超える程慣れあってくること
・してほしい対応がないこと
・一生懸命さが感じられない
・社長も金子さんのことを気にし始めている
・僕は(担当の方)金子さんの方がいい
・対応が早い
・毎月ハガキをくれる
など評価してくれました。

メチャメチャ嬉しいっす。

社長なんか、僕のハガキを机の上に
飾っててくれるんです。

もう営業冥利につきます。

最後に駄目押しで
「金子さん、これからも
長く付き合ってよね。期待してるよ」

で、僕、
うわ~どうする自分。
会社やめよーとしてるのに、、、

すごい揺らぎましたが
リラへの取組みは曲げれません。

やるぞ。



iPhoneからの投稿

昨日は、ちょっと先輩の送別会でした。

僕が勤めている損保は
毎月結構な人数がやめています。

結構と言っても
2~3人ぐらいですが
やろうぜ!と握手した日から
突然退職っていうことも
日常茶飯事です。

おかげさまで20ヶ月勤務できてる
のですが、今日はかなり先輩の
詰められたというよりも
「ですよね、、、」
って納得できた話をブログに
かきたいと思います。

金子、お前さ、最近数字あげてるけど
未来予想図って考えてんの?


未来予想図?


お前が数字あげ続けて
3年後には会社でないといけないんだから
その後のことだよ。

いや全然考えてないです。

じゃーおめぇなんで頑張ってんだよ。
意味がわかんねー。
えっ?じゃーてめー何で営業してんの?

金欲しいからです。

幾らほしいんだよ。

と話が続き、
(僕らの仕事は5年間以内に
毎月のノルマを達成し続け
一定の基準に従って独立するとう
制度で仕事をしています。
ノルマ未達が続くとクビです)

いいか、金子。
俺らはレールの上でがんばってる。
ただ頑張るだけはなくて
そこに意味を持たせないと
意味がねーんだよ。
わかる?

お前の数字はいいかも
しんねーけど中身薄いよな。

そんなことを言われました。

ガビーン!!です。

父親との件もあり
このタイミングで更に落ち込むような
ことを言われかなりダウナーな
感じです。

ま、やらんといけない訳です。
進まないと。


iPhoneからの投稿