エバン・オールマイティっていう映画を観たのを思い出しました。

  • Day:2011.09.18 02:24
  • Cat:日記
大分前に観た映画で
モーガンフリーマンが神様役で出ている映画ですが、
今の自分にぴったりの台詞があります。
(ちょっとあやふやですが、、、、。)


「勇気がほしいという人に、神は、勇気を与えない。
幸福がほしいという人に、神は、幸福を与えない。
勇気、幸福を得る機会を与えるだけだ」

今の僕は、
今まで周りの人たちにやってきたことを
僕がやられている。

自分が変われるチャンスが与えられてる。

ひたすら向き合う。これしかない。

同期の退職

  • Day:2011.09.18 02:14
  • Cat:日記
同期の退職

別支社の同期が、契約延長の書類にサインをしなかった。

お互い連絡取り合ってて、大変だけど、がんばろーと言い合ってたのに。

こっちから、連絡しなければ、言わなかったのか?

まだ入って3ヶ月じゃん。

何も身に付いてないだろ。お互い。

なんでやめんだよ。

胸が痛むよ。なんだよ。

プライド人格を怖いと思いました。

  • Day:2011.09.15 01:26
  • Cat:日記
プライド人格を怖いと思いました。

何が怖かったのかというと
他の人格を影で操るってところです。

前段が長くなりますが
現実変えてナンボに至った
経緯として、営業成績を上げられたこと
ダイエットを成功させてること
前向きな態度で生きてることが
挙げれらます。
並行してアイドリング出来てたってこともあります。

で、
前の会社で営業成績を上げるために
手っ取り早く敵を作り、その敵より
営業成績をあげることが何よりも
嬉しくて、楽しくてたまらなかったんです。

ここでいう敵は、ちょっと頑張れば追いつく
ことのできる先輩や同期のことで
営業成績が上がる前で既に追い越してた営業マンは敵じゃ
ありません。

で、ここが問題です。
今の会社で昨日敵を作ろうと
しました。

僕の今の現状は失敗ばかり。
学ぶことが多く、ヨチヨチ歩き。
失敗は勿論許されるし、
積極的に失敗しろと言われてます。

ありがたいです。

でも、敵を作ろうとしました。
潰してやる!と言わんばかりに。

不出来な自分を受け入れられてないからです。
相手をケナして自分が優位に立とうとしているんです。
失敗してる自分が怖いし、恥ずかしい。
それをなかったことにしようとしている。

そして、何よりも怖かったのが、
敵をつくろうとしている最中に、
敵をつくろうとしているその瞬間に、
プライド人格に呑まれていることに気付けなかったことが
何よりも怖かった。

前の会社で、営業成績を上げて、収入上げて、リラに通おう!ここまではよかった。
けれども、敵を作ろうとした瞬間に、呑まれてた。
呑まれてることに、気付かず。

これに気付けて本当に良かった。

なんで、気付けたんだろうって思い返してみたら、
・個人プレーの問題。
・三女の入院。(奥さんがやってたことを、自分でやってみて、奥さんのありがたみを感じ
一人ではできることに限度があるってことを実感し)
・人の気持ちを感じてみることの大切さを知り
・会社での失敗の連続。

こういったことが立て続けに起こり、正直、へこんで、こたえました。

それでも、ハートから感じるのは、上に行きたい。もっともっと向上したい。
その想いがあります。

でも、ショックでした。こんな形でプライド人格がいたなんて。

怖いし、嫌だし、抵抗があるけど、やっぱやるしかないんだな。

現実変えてナンボ。
この軸は、変わらない、けど、気構え、心構えは変えないと。

がんばります。

ん?

  • Day:2011.09.13 23:37
  • Cat:日記
個人プレーとプライド?

あれ?

プライドが個人プレーしてる?
んーでもしっくりこない。

別にいる?

ん?

うん。別だ。別にいる。

きっかけはいつだろ。

今日浮き彫りになったこと

今日浮き彫りになったこと

同期といっても3ヶ月先輩の同期が
結構今月成績を上げている。

この出来事から浮き彫りになったこと

●こいつを敵に回したいという欲求。
(前の会社で手っ取り早く成績を挙げるために、
敵を作り、数字で負かすというきっかけを
アイドリングさせていました。)

●自分の成績が上がらないことを他責にする傾向
(・難易度が高い仕事をしている
(実際、結構難易度が高い)
・お客さんからの問合せ窓口が同期になっている。
(実際何もしなくても見込みがあがる))

●自分のやり方を指摘されるとカチンとくる。
(前任のやり方を真似ていて、それを指摘されるとカチンとくる)

2番目は、同期より採用基準が高いところを担当しているので、
難易度が高いし、同期に問合せ窓口っていうのは、本当。
けれども、それを理由に、数字が上がらない理由にはならない。

やっぱり個人プレー入ってて、入社3ヶ月目でこんな大口を
たたけるってこと(特に3番目)は、プライド人格だなと思います。

帰り道、釈然としないまま、苛つきながら電車の中で
七つの習慣を読んでいて、はっ!っとなった件があります。

人は皆、それぞれの頭の中に様々な地図を持っている。
こうした地図は2つに大別できる。
現実を写し出す「物事のあるがままの姿」を描いた地図と、
自分の価値観が写し出す「物事のあるべき姿」を描いた地図である。
私たちは、あらゆる経験を、こうした地図をもとに解釈している。
これらの地図が正確かどうかを疑うことは滅多になく、そうした
地図をもっていることすら意識することは稀である。私たちは
単純に物事は「こうだ」あるいは、「こうあるべきだ」と思い込んで
いるだけである。そして、私たちの行動や態度、考え方そのものも、
こうした地図から生じている。

まんまやーん。

上司の地図がどうなっているかわからないけど、
少なくても、営業数字があがるようなアドバイスだし、
同期も、ノルマ数字に応えようと必死でがんばってるし、
それを無視して、苛つきながら帰る俺ってなんだろうと
電車の中で、ふっと、個人プレーに徹している自分が意識できました。

根深い、、、。

あした、ちょうど朝から数字会議があるので、
個人プレーに徹していたことをみんなの前で
発表したいと考えています。

娘が退院しました!

  • Day:2011.09.12 22:28
  • Cat:日記
娘が退院しました!

かわいい三女をぎゅっと抱きしめて
お父さん、会いたかった~
お父さんもだよ~っていう、感動的な再会をイメージしてたんですが、
そうは問屋が卸しませんでした。

僕が帰ると(9時が一応就寝時間)三人とも
だっこしてー合唱。

三女が、抱っこしてぇ!絞り出すような声で、泣いてて
上の子は、抱っこーと両手を挙げながら
次女も抱っこーと両手を挙げながら
奥さんにすり寄っていました。

パーティー後だったらしく
家の中はぐちゃぐちゃ。

奥さん、半切れ状態。

三女に「お帰りー」と言いながら抱っこをしようとしたら
僕のことは全然シカトで、お母さんがいいーと言いながら
泣いていました。

これが結構続いたので、
さすがの僕もイラッときたのですが、
よくよく考えたら、個人プレーをしてきたツケが回ってるのかなと思い
娘の気持ちを感じようとし、気持ちを素直に表現しました。

「お父さんの気持ち、感じてほしい。
お父さんも、三女がいなくて、本当に寂しかったんだよ。
その気持ち、感じて。抱っこさせて。お母さんが抱っこできるようになったら
かわってもいいから。ね。」

そういうと、抱っこさせてくれて、
僕の手の中で、寝てくれました。

そこから順繰り抱っこし、先ほど、みんな就寝。

みなさま、いろいろとお気遣い頂き、ありがとうございました。
やっとこさ、落ち着きました。

明日から、また、騒がしそうです(笑)

またやってる

人の気持ちを無視して仕事紹介をした。

昨日あんなに改めようとしたのに。

だれのために仕事してんだ。
軸からブレてるじゃないか。

最悪。

人のこと責められる立場じゃない。

馬鹿だ。

8月が終わった、、、。

  • Day:2011.09.03 00:22
  • Cat:日記
正確にいうと、8月最終日を含めた今週が終わった〜、、、、、。

ハンパなく忙しくて、
ゲロが出そうなくらいムカついたこともあったけど、
業務の全体像がなんとなくわかったし、発生する業務もなんとなく、掴めてきた。

知れば知るほど、自分の判断が本当に重要だってことがわかってきた。

こんなにも、多くの人と関わる仕事は初めてで、
はぁ?ってことが多いのも初めて。

マジで、大変だったけど、充実感がある。
トラブル中は、充実感なんて感じられなかったけど、今は、感じられる。

この仕事、就いてよかった。