きつかった。

三ヶ月にいっぺんの契約更新月。

色んなことあった。

依然バックレとかは多くて
その度に残念感を感じるんだけど
同じことを先生にも講師の方にも
みんなにもやってたことを考えると
恥かしい。

ばっくれが起こって
それでも向き合えるかっていう
メッセージだと感じ、
ばっくれした時の気持ち、今の状況とか
聞き出して今後どうするかを
スタッフと話し合った。

スタッフに甘えがあったら突っ込んだし
僕にも至らない点が多かった。

突然連絡が途絶えるのが一番きつい。

正直、この仕事、心の底から辞めたいって思った。

本当にスタッフのために動いて
一生懸命話して、頑張ります!
って言ってたのに、連絡が取れなくなる。

上司とか先輩は割り切って
次を考えろって言ってくれるけど
忘れられる訳ない。

憎いし、心配になる。

泣きたくて眠れなくて
ずーっと逃避しながら、
自分にハッパかけて頑張った。

キッツイ、1ヶ月がさっき終わった。

今辞めたら、負け犬だろ。

明日からまたがんばろう。
スポンサーサイト

いくちゃん
本山さん

コメントありがとう。
遅くなりました。

最近呑まれていました。
逃避とプライドに。

きつかった。

きっかけは、スタッフのばっくれでした。
立て続けに起こり
あれだけ親身になって頑張ります!って言ってたのに、やなことがあるとすぐ辞めんのかよって
イラつきとガッカリがずーっと頭の中、身体の中にとどまってて、この仕事って何のためにあるの?俺何のために頑張ってんの?

グルグル思考尽くめで
呑まれていました。

で、同じこと先生にもやってんな。
こういう思いを先生に抱かせてたんだって、自分にもがっかりで。

お前は同じことを先生にやったな。
今度はお前が同じ思いになる番だ。
それでもスタッフのために頑張れるのか?
って言われてる。そう感じました。

奥さんとの会話

そういう態度、本気で教えてくれてる先生に対して、侮辱だし、許せない。
それに、本気で変わろうとしてる俺を全否定するってことだろ!

リラの話しになると、がらっと口論モードになってしまう。

結局奥さんが何に不満だったのか
リラのどこらへんが気に食わなかったのかを聞いてみると
セッション中の「このまま行くとウツになるよ」と言われた事がきっかけで、
奥さん曰く「私と会うのが初めてなのに、どうしてあそこまで言われなくちゃいけないの?」だった。
その発言を聞いて複雑だった。

N(奥さんの名前)はずーっと孤独だったんだ。リラに通っている僕が羨ましかったんだ。
僕が家庭を顧みないところでも、僕への怒りが子育ての原動力になったぐらい気張ってた。

そこへ、自分を変えたいからって理由で、外にでて、いろんな人たちと会話して、
週末になるとスカイプをして、PC向かって、記事書いて
リラで何をしているかシェアしないし、そこで、ベーシックで100万近くの受講料と
家を空ける頻度が高くなるし。

バカだった。
奥さんのしてきたことへの感謝も何もない。
ただ、自分が変わりたいからって想いだけで結果だけを奥さんにアウトプット。

そりゃ、止めるよ。。。

僕のあり方が全てを現してる。
大変なことをしでかしてる。
痛いよ。痛すぎる。

堂々巡りの口論の末、子供の話しになった。
先生のブログの卑しき神のシェアをした。

親は、子供にとって神様。

僕らの都合で、怒ったり、楽しんだり
そういうことがたくさんあるじゃん。
それは仕方ないよ。でもその後が大切じゃん。

なんで怒ったのか?なんで楽しんだのか?
そういう背景全てを伝えられる親になりたいんだ。
Nはどう?

そんな話しをし、奥さんもすんなり同意した。
奥さんも、変わりたいと思ってるし、同じところを目指してる。

そのためのリラなんだと伝えたら、すんなり理解してくれて、
本も読むと言ってくれた。

あーやっと伝わった。

あとは、家族でどうありたいのか?とか
自分の感謝のなさ、あり得なさ。
先生に対して手のひらを返し、ぼく次目指しますと言えてしまう感覚を
日々見ていくことが必須。

自分がいた。

自分がいた。

スタッフが就業先で放置プレイにあっているというので
面談をし、会社の雰囲気だとか、どうしたら働きやすくなるのかっていうのを
話した。

それこそ、
事務所の席の配置から、リーダーの雰囲気、社員同士の会話や飲み会の頻度、現在の業務内容の再ヒアリングなどなどを詳しく聞いた。

長く派遣で働いている方だったけど、
こういった面談をして詳しくヒアリングを受けるのは初めてですということで、
どうにか働きやすい環境にしたい、少なくても目標だけ降りて来て
あとは勝手にやってくださいという放置プレイを何とかしないとと思い
がんばった。

先方の方針で、現場のリーダーに面談報告はできなく、人事部経由で
現場に報告がいくということだったけども、今回本当に放置プレイっぽかったので、
現場に報告を行けるように交渉してみるって約束をし、
もし出来ない場合も、こういう対応をするので、少し時間くださいと言った。

トータルで一時間ぐらい話し込んだと思う。

最後に
更新の月だったので、意志確認をしたら、
それまでの表情が一変して、「6月末で終了にして下さい」と言われた。
しれっと。「また次の仕事紹介してもらえるんですよね」

がっかりだった。
今までの一時間なんだったの?

同時に、あっ、自分もリラで同じ事してんじゃんって思った。
次のベーシックがあって当然って思ってる。
マロさんのセッションを思い返して、自分に愕然とした。

僕のリタイヤが大きく穴を空け、みなさんをガッカリさせた。

今日、僕もがっくり来た。
喫茶店をでたあと、本当にゲロをはきそうになった。

仕事のブログばっかりだったから控えようと思ったけど、
今回の事は、忘れないためにアップする。

忘れんな。

あ、、、、
マロさんセッション記事もあげたい。奥さんとの話しの続きも書きたい。

奥さんとのはなし1

奥さんとのはなし1

自分のあり得なさを振り返るために奥さんが
先生のセッションを(というかあれだけチューニングを合わせてセッションをして頂いた先生に)侮辱したことへの話を奥さんのした。

まず本気で変わろうとしたこと、
そのためにリラに通ったことをはなした。

自分も変われば、家族に対しても変われるし、結果として
業務分担すればいいんでしょという意識から少しづつ家族への思いやりを込めて家事ができるし
子供への接し方も変わる。
仕事でも。

(先生のネガティブ~を読んだ時の
衝撃と本に挟まっているチラシを
手に取りながら交流会の予約電話をした時のドキドキは今でも思い出せる。忘れるけれど。)

まずリラへ宗教的な印象とベーシックに通うことを否定された当時の気持ちは、残念感が大半で
被害者意識にも浸った。
先生への侮辱もピンとこなかった。

けど昨日は
初心と変えたいという気持ちを
奥さんから全否定されてる気持ちになり怒りが湧いてきた。
どっと出てきた。

何だよ!変えたいっていう
俺がわからねーのか!
協力もできねーのか!
少しづつ変わってるしその実感も
あるんじゃねーのか!

併せて
僕の変わりたいという気持ちに応えて下さり、大事に育てていきたいと考えてくれた先生への侮辱を腹の底から感じた。

俺も愚かだけど
本すら読まずじぶんの価値基準の中だけでジャッジする意識が許せねー。
この頭に硬さが意味わからねー。

続きます。

だめだめ

自分のしでかしたことを
いつのまにか感謝のなさに
問題をすり替えようとしてる。

先生に、みなさんにしでかしたことに
向き合う。

掘る。
忘れるな。

奥さんと先生のセッションの件で
話し合いました。

かなりの言い合いになりました。

詳しく書きたい。

けど
昨日から完徹です。
ちょっともう限界。

寝ます。

5月4日 マロさんセッション記事 1

5月4日 マロさんセッション記事 1

自分のやらかしたことについての掘下げが全くなっていない。
というご指摘を頂きました。

自分のあり得なさ、価値の分からなさ、ほんとうに何も分かっていませんでした。

僕が一般クライアントだったころから、先生には目を掛けて頂き、
まろさんに、先生から直々に目があるやつだから大切に育ててほしいと依頼されるほど
可愛がってもらったのに、先生の教えの大切さをわかっていなかった。

だれのお陰で、保険の営業でトップセールスになれたのか。
予備校に入れて頂けたのか。本当にあり得ないと思う。

それを「振返り苦手なんです」という言葉で片付けようとしていた自分がいました。

与えてもらって、やらかして、全てはさておき。
9期にいくのも、予備校でやってきたことをこう活かし、こういう風に成長したいんですよいうのもない。
8期リタイヤもなかったことになっている。
既に8期に穴をあけているという自覚すらない。

奥さんが先生に対して侮辱したことにも怒れない。
先生の教えの価値が分からないから。それでベーシックに行けたとしても、
先生の教えの価値がわからないから、同じ事を繰り返す。

スピリチュアルリーダーになりたいとか、チームと繋がりたいとか言う以前に
人としてのあり方がなっていない。

そういうご指摘をいただきました。

本当に全くその通りです。

自分のあり方(振返りのなさ、感謝のなさ、価値のわからなさ)を掘り下げて、
何度も奥さんと、侮辱に対することを話し合いたいと思います。

奥さんと話した結果と、セッションの記事あげを引き続き行います。

価値のわからなさ

自分のことを掘り下げられない理由について
ずっと考えてた。

先生のセッションに対する奥さんの侮辱に怒れなかったこと。
その手前に、先生からの教えについての価値の分からなさがあった。

背景を辿ってみると子供の頃に行き着いた。

小さい頃から欲しいものはほとんど手に入った。

ファミコンのカセットは家に100個以上あったし、
低学年の時、1万円ぐらいの靴をせがんで買ってもらった事もあった、
衣食住には何不自由なくそだった。

とくにファミコンのカセットは、本当によく買ってもらってた。
そのくせに、一つのカセットをやり込まず、すこしでも難しいゲームがあると
攻略を諦めて他のカセットをせがんでた。

母親は、こういう状況を好ましく思わなくて、
じいちゃんに買うのを辞めてほしいと言っていた。

じいちゃんは、これからはパソコンの時代がくるから
こういう機械ものになれた方がいいし、発想を豊かにさせてたいって思いで
カセットを買い与えてくれた。
(あとから母親に聞いた話)

食事も食べたいだけ食べさせてもらった。
小学1年の時には、30キロあった。以来ずっと高校生になるまで太り続けた。
90キロちかくまで太った。

話しは戻るけど、
カセットを持っている小学生は、ある意味ヒーローだった。
いろんな友達が入れ替わり立ち替わり遊びに来た。

でも、カセットで繋がってた。
喧嘩もしなければ、口論もない。


じいちゃんの僕に対する想いを感じることもなかったし、
カセット1つに対する価値もわからないし、
それが就転職を繰り返す今の僕に繋がってる。
それも感謝なく、簡単に辞められる。

簡単に手に入れられるから、簡単に手放せる。
だから価値を深められない。分からない。

先生からいい話し聞けた。
明日からやってみよう。あれ、うまく行かない。
来月セッションがあるから、その時聞けばいいや。
その繰り返し、自動販売機化。

一つ一つの話しを大切に聞けない。深められない。

プライドの塊だ

人への感謝のなさ
掘り下げなさ

全部がプライド。
何から何までプライド。

何もできねーくせに
何でもできると思ってる。

何様だ。

都合悪くなると
逃避して、方法論で自己弁護。

そうだよ。そうなんだよ。

叩かないで!って
方法論を道具にして逃げてやがる。

最低だな。

プライドにまみれた自分を
どうにかしないと。

ちきし
ちきしょう!

プライド受けいれるのに
どんだけ時間がかじゃってるんbだよ。

ちくしーーー!

こんなにも掘り下げることが
辛いなんて

辛い。

まろさんとのセッションを
受けてから、掘り下げることと
感謝のなさを意識してるだけで
辛い。
重い。

何年も出てなかった喘息も出て来てる。

きつい。

昨日もこども寝かしつけながら
12時間ぐらい寝てた。

その後、子供達と公園行って
帰って家事して少し休もうと
横んなったらまた睡眠。

逃避。

ぜってー負けね。
スタートラインにたってやるんだ。

感謝がない

今日マロさんのセッションでした。
自分のあり得なさに気付きました。
更にあり得ない事に、伊東さんにも指摘を受けていたのに、
それを忘れ、方法論、やり方、テクニックだけで前へ進もうとしていました。

9期目指しますとかいうものの、チームを考えられる状態ではないし
痛いところが見れないのが今の自分。

マロさんに指摘頂きましたが、霊的探求者として、頭打ち、いや、スタートラインにも立ててない。

まったくその通りでした。

僕のやらかし、あり得なさをここに書きます。

先生への侮辱です。
僕が一般クライアントだった時から、目を掛けて頂き、
先生がマロさんに、大事に育てていきたいとおっしゃってくれていて
エネルギーを注いで頂いたにも関わらず、8期をリタイヤしたこと。

痛いところに目を向けず、先生の言葉を薄いところで受け取り、
答えをもらえるだろうと予備校に通い続け、リタイヤ。

8期を目指すとか言いながら、奥さんへのリラがどういうところか、
先生に教えを頂く事がどれほど貴重なことなのかをシェアすることなく、
夫婦で受けさせて頂いた先生のセッションに対して、奥さんが
「あんな高い料金で、なんでこんなこと言われないといけないんだ」と発言
した時も、先生への侮辱と感じれず、そのままスルーさせる。

しかも、夫婦で行くセッションへの奥さんへの条件が、8期諦めるからという理由。

全身全霊で話しをして頂いた先生に泥を塗りました。

その後、平気で9期を目指します。と先生にメールを送りました。

あり得ない。

また、僕がリタイヤすることで8期に穴を空けているということへの意識すらありませんでした。

そして、このリタイヤ後、リタイヤまで至ることにブログで触れず、
仕事の話ばかり上げつづけ、前へ前へ進もうとしていました。
しかも、そうあることがベストだと思っていました。

今日のマロさんのセッションで、振返りと今後のことを話している時に、
今後のことはすらすら出てくるのに、振返りとなると、言葉が出ませんでした。
出ないというか、真っ白になる。

そこで、出した言葉が「振替りって苦手なんですよね。。。」

先生、講師の方々、予備校のみんなに関わって来てもらったのに、
苦手なんですよね、で片付けるこの神経が本当にありえないと思う。


先生 本当に本当にすいませんでした。踏みにじりました。
まろさん、舞子さん、伊東さん、川島さん、ガッキーさん すいません。あれだけ時間を掛けて頂いたのに。
亮、けいちゃん、いくちゃん、ほうちゃん、 薄っぺらくてごめん。

直視します。時間掛けて、なんとか挽回したいです。

自分には感謝がない。

自分のリタイアが8期に
穴を開けてる。

それすら意識になかった。

言葉がでない。
あり得ない。

軽すぎる。

子供と心の会話をする
リラへの理解を得る
親だって完璧じゃない
ポリシー
人への興味のなさ

今取組みたいことを
ばーって挙げてみたけど、
やっぱ中途半端。

一極集中には何が大事何だろうって思う。

これはやっぱり
表現する
ってことに尽きる。

表現する。

これだ。

ドキッっとしたこと

上司と振り返りミーティング

結果の出なさについて話し合って
自分の取組みを話したところ
ドキッって感じたこと。

俺の友達に理系のやつがいるんだけど
あいつらって実験するじゃん。実験するときに条件ってのがあるらしいんだけど、条件ってほとんど変えないみたいなんだよね。
何でかっていうと、何が悪かったのかがわからなくなるんだって。

お前は色々やりすぎ。
何が悪いのかわからん。

ドキッ!

まさにそう。

結果出すために色んなこと
考えて手を出してみてやってみる。
その結果玉突き事故おこす。
現にリラへの取り組みもそう。

色んなことを中途半端に
やってるから、色んな問題がでてくるわりには全部中途半端。
やりかけ。
メモる割にはまとまってない。

一極集中

これだね。見えてきた。