8/30
嫌われたくないっていう気持ちの出どこはたけし何だとおもう。
たけしの出て来たきっかけも夜遊びをしに行く父親を追っかけてるとこだったし
人から怒られると思考停止してしまって小さくなってしまうのは
防御策何だと思う。

毎日たけしと話してて感じた。
何で怒られたことがないのか(記憶がないのか)聞きたいけど
その前にたけしと仲良くなりたい。

可愛くてたまらない。
けど、どこか暗い。そこが不憫でならない。

一緒に風呂入ったり、ご飯食べたり。
毎日コミュニケーション。
スポンサーサイト

8/29

自分「たけし、元気」
たけし「うん、元気だよ」
自分「腹減ってない?」
たけし「減ってないよ。でもアイス食べたい」
自分「じゃーソフトクリーム食べにこう」
たけし「うん!」
自分「たけし、今日お風呂入ろうか」
たけし「うん!寝るのも一緒に寝よう」
自分「うん、いいよー!」




8/29
でもさ、怒られたことがないってどういうこと?
怒られることがほんとにきつかったんだよね。

「お父さんのこと好き?」
「うん」
「そうなんだ、本当に大好きなんだね。
どういうところが好き?」
「やさしいところ」
「そうだねぇ、やさしいね。
お相撲さんごっこすると楽しいし、面白いもんね」
「うん」
「でもね、怒ると怖いよ」
「怖いのやだ」
「うん、そうだね。でも、お父さん、たまに怒るでしょ?」
「怒られたことないもん」
「え!?」

この怒られたことないもんってところで
びっくりして会話がストップした。

ちょっとまってよ。
怒られたことないって。。。どういうことさ。

8/27
結局今日も怒りとかイラつきとかを避けるような会話をしてて
それを上司に相談したり。
そうしたら気を遣って頂いたり。。。。
きたないな自分。。。。

追記

8/26
今日仕事中に出てきた感情は幾つかあるんだけど
「嫌わなれたくない」「褒めてほしい」「怒らないで」「バカにされたくない」。

何でこんな感情が出てきたのかというと
全社一丸となってあたる業務があり一個のミスも許されない業務があり
業務を行うには社内試験をパスしないといけない背景があって
当初入社一ヶ月目でクリアすることが社長からの指示だった。

あとから聞いたら合格まで大体2-3ヶ月ぐらいかかるらしい。

前置きは長くなちゃったけど
社長の下で働きたいと思い入社したので、未だに合格できないので
勝手な思い込みで、社長からもう期待されないんじゃないかとか、
切り離されるんじゃないかとか、
嫌われるとかそんな感情が出てきて、コミュニケーションの方法が
相手に嫌われないようにするためにはどう会話したらいいのかが中心になってて、
そんなこと考えながら話してると余計どもったり、
どもったりすると相手の反応も「?」が出てきて余計パニクる。

パニクってもちゃんと伝えたいし、でも上手く説明できない。。。

おまけにプライドもあって馬鹿にされたくねーって感情もでてきて
周りにどう思われてるのかがすごく気になる。

8/26
寝かしつけようとしてまた寝ちゃったよ。
これ逃避なのかな。

昨日子供を寝かしつける少し前子供達に対して
何回も叱った。

後片付けしないし、歯をいい加減に磨いてるし、宿題してないし。

ただ叱りに混ぜて子供達にあたってたことを感じ取れた。
反省。もっと他にやり方があるはず。


8/25
21日にブログをあげてから過去の感情から遠ざかった。
そのブログでたけしに「父親にどうしてほしかった」のか聞いてたんだけど
聞けたことの達成感があって満足しちゃった。

いつもそう何かを達成する度に逃避していく。

8/25
21日にブログをあげてから過去の感情から遠ざかった。
そのブログでたけしに「父親にどうしてほしかった」のか聞いてたんだけど
聞けたことの達成感があって満足しちゃった。

いつもそう何かを達成する度に逃避していく。

8/21
昨日寝てしまった。。。。

先日実家で鶴田浩二主演の映画がを見てて(鶴田浩二を初めて知った日だったんだけど)
頭の片隅に残ってて、今日父親に鶴田浩二って何してた人?って言うのを聞いていた。

何で片隅に残ってたかというと、僕のパターンなんだけど、
父親っぽい人に憧れるっていうか、疑いなく素をさらけ出してしまうような感覚があって。。。。
素をさらけ出すっていうか、無性に甘えたくなるっていうか。。。。

そんな感じをなぜか鶴田浩二に感じた。
それは、置いといて。

たけしに父親にどうしてほしかったのか聞きたかった。
聞いてみた。

自分「たけし、父さんに何がしてほしかったの?」
たけし「うーん、遊んでほしかったの」
自分「そっか、、、どんな遊びがしたかったの?」
たけし「うん、何でもいいの。一緒にいたいの」
自分「そっか、、、一緒にいたかったんだね、、、、」

鶴田浩二が気になった、引っかかってた理由が何となく分かった。

あったかくて、心がひろくて、包み込んでくれる人が好きなんだよ。
ちょうど観た映画の鶴田浩二が演じてた役がそんな感じだった。
寡黙で、けど、組員のこと、語らずだけど想ってて。一途なんだけど、表現が下手で、、、、。
言い訳もせず、粛々と、ただ熱はこもってて。

あーよくわかんなくなってきた。
ただ、とにかく、一緒にいたかったんだ。

一緒にいたかった。
いろんな想いが詰まってるね。たけし。ありがとう。教えてくれてありがとう。

8/19
車の運転がどうしてもいや。
運転っていうか、、、合流がだめ。すこぶるいや。

今日も首都高に上司と一緒に乗ったけど、
一緒じゃなきゃ絶対無理。

一般道はもう慣れたんだけどな。。。。

伊東さんに言われたが何かパターンがあるって。
自分でもそう思う。
ここ見て行こう。

8/18
豊島園に、父親と行った事に対してたけしに気持ちを聞いてみた。

お兄ちゃん「一緒に豊島園行ったけど、どうだった?楽しかった?」
たけし「うん、楽しかったよ。」
たけし「だけどさ、僕の時、一緒に行ってくれなかった。。。」

ここから思考が入ってきて、
「そうだよ。俺が小さい時、遊園地なんてつれてってくれた事ないじゃん。」
「何今更、行ってんだよ。この間なんて、ディズニーランド行ってたじゃねーかよ。今度は、夏休みの最後に海へ行くって?」
こんな考えが頭の中よぎった。

たけしじゃない。
だれだろう。
別に怒ってない。むしろ淡々とこんな考えが浮かんだ。
父親にそこを責めようとも思っていない。

8/16
姉ちゃん家族とうちと父親で豊島園に行く車中(電車)
父親と話すと喉がギューっとする。
苦しい。

一旦アップ

8/14
ブログが思考で書かれていて、感情に浸るのが苦手なのもあり
ブログがTodoリスト的になるので、伊東さんがセッション中に
感情をメインとしたブログを書く事のご提案を頂きました。
チャイルド人格であるタケシの父親に対する感情や遊びにいった思いでなどに浸りながら書きました。

【夏休み・外食に対しての気持ち】
みんなと車に載ってお出かけたのしいよ
歩くのやなの。車がいいの。
運転するお父さん、かっこいいの
ステーキおいしい。
並んでイライラしてるお父さん、お母さんやだ。

山中湖で自転車のるのたのしい。
一緒に五人で寝るのたのしい。
一緒にご飯食べるのうれしい。

【父がいないことに対して】
さびしの。
おふろもはいりたいの。
ごはんもたべたいの。
おとうさんとあそびたいの。
おとうさんがいつも食べてるガムの匂いと、タバコの匂いが恋しいの。。。
(↑感情に浸っていて、こんな表現、小学校一年生がするかなって思った。。。)

書くポイントは、こんな表現するかな?って思っても、それも併せて
書く事が大切と教えてもらった。

感情に浸るか。。。。

セッション:2013年8月13日

報告(振返り)
セッション〜7月前半
変わりたくない自分を受け入れられなかった。
でも、実際課題をやってこないし、行動で変わりたくない自分がいるっていう事実はある。
受け入れられなかった理由として、周りの環境を変える事ができていたから。
変な自信があった。周りの環境を帰る事ができたし、 時間があれば、自分も変えられると思っていた。
思い上がっていた。
※周りの環境:大きな会社に転職できたし、年収もあがった。

7月前半〜中旬
やっと変わりたくない自分を受け入れられてきた。
変わりたくないっていう自分を受け入れらた。
根本を忘れ、行動に走るというのが僕のパターン。
この状況を変えるために、じゃーどうすればいいの?って考えてた。

新しい会社の社長は、叩き上げの人。
責任ってなんだ?役割ってなんだ?在るべき姿を追い求めろ。本質とは何か?などを突き詰める人。

社長と毎日会話していて、感じたのが
僕に欠けている全てを教えてもらっている感じたした。

今まで、責任を真っ正面から受け止めてこなくて、
つらつら逃げてたっていうのを感じた。
本質、責任、役割を毎日問い続けられる環境で感じた。

役割って与えられるものだって思っていた。
そうでなくて、役割って勝ち取るものだと気付いた。

そう思ったら、父親、夫、社会人、対子供。
全ての役割について、責任を全うしてこなかったんだなって感じた。

7月後半〜8月13日
全ての役割から逃げている。
あらゆるところに甘えている。
変わりたくない自分がいるって、ダメ人間だと思う。

他人に対して、責任が負えないって
自分に対しても責任が負えないってこと。

今まで、
予備校行って、リタイヤして、ずーっと、マロさん、伊東さんに同じ事言われているのに
自分に責任がないから課題もやってこなかった。

で、そこからもうパターン。全部行動。

例えば、対子供に対して、責任を負おうすると、、、、全部行動。
子供に何やりたい?って聞いて、じゃーそれ全部やろう!って。
子供の気持ちは聞いていない。
単純に何をやりたいかを聞く。

でも、しっくりこない。
何か、しっくりこない。
子供の気持ちを聞くっていうことがごっそり抜けている。
せいぜい楽しいって聞くぐらい。

子供の反応は楽しそう。だけど、しっくりこない。
そもそも何のために遊んでいるのかを忘れそう。
行動ばかりに走りそう。
だけど、遊びにいく事自体は進んでいると思う。今までしてこなかったから。

何が出来たらしっくりくるのか?
まず最初に、何で遊ぶかを説明する。気持ちを伝える。
例えば、今まで、遊んでこなかったけど、今年はするからね!とか。

その気持ちを伝えるという出所はどこから来ているのか?
今まで自分の気持ちを伝えてこなかったけど、伝えることでの自己満足感。
伝える事で、子供たちの感じ方が違うと思うから。

子供たちの受け方はどうちがうか?
子供たちの反応を気にしているってことは、 子供に自分を重ねているのではないか。

自分の子供の頃は、旅行いったり、外食いったりイベントが頻繁にあった。
「行った」という事実しか残っていない。残ったといえば、楽しかったね!ぐらい。
親としてそうはしたくない。想いを伝えてい。それがあることで何か変わるかもしれない。
自分が子供の頃にしてほしかったことを、今の親という立場から見ている。
そこを見ていけば、自分が親にどうしてほしかったのかが出てくるかもしれない。



子供との会話の裏で、嫌われたくないという気持ちがあり、
ぎこちない反応をしてしまう。オーバーに表現したり。

オーバーな表現をすることはいいことだけど(楽しませるとか)
出所が重要。

子供と話していると、会社で使うようなトーンが出てしまう事がある。
(機嫌を伺うような、へつらうような、)
嫌われたくないという意識が出てる。

自分の対人関係のびくつきが子供にも出始めている。

(思いつきベース)
前段階で、目的みたいな、気持ちみたいなことを話すことによって
絆みたいなことが深まっていくのかなって思う。
嫌われないというか。。。。

遊ぶ目的を子供に話したところで、嫌う・嫌わないに直結するのか?
仮に嫌われているとして、遊ぶ理由を話してもらったとしても、嫌う・嫌わないになるのか?
また、何で子供が嫌うのか?と思うのか?って思うのか。
これも自分を重ねている。

実際に嫌う素振りを見せたとしても自分のパターンが招いたカルマだとおもう。
では、なんで子供たちが父親の事が嫌いだって思っていたのか?
1:満たされなかったのかもしれないってことと
2:自分が両親の事が嫌いだったのか?

高校の時には、嫌いだった。
仕事しないし、母親に店番させてたし、昼まで寝てたし。

大人の感性で判断してたと思う。
もっと子供の感性で。
旅行とか外食とかあったけどなんで満たされなかったのか。
満たされなかったから嫌いっていうのもあったのではないか。

父親のことをからかってキレられたことがある。
でも嫌いって訳じゃない。

嫌いって言うと強い感じがするかもしれないけど、好きじゃないっていうのが合ってるかも
本当はこうしてほしいのに、そうじゃないお父さん、お母さんがいたとか。。。

それはある。
毎日遊びにいく父親。

もっと家にいてほしかった。
ぽっかり胸に穴が空く感じ。
たまにいることはある。すもうとかと、プロレスごっことか。

いたときは満たされてた?
満たされてた。楽しかったし。

寂しかったって回想できるのはいつの自分か?
ファミコンが出始めたころだったので、小学低学年ごろ。

たけしは父親のことが好きじゃない。
なんで?
怒るから。怒ると怖いから。
よく怒られてた?
たまに。。。。
どうなっちゃう?
怒られると追っかけてくる。
手でたたかれる。
どんな気持ち?
怖い。
嫌いな気持ちと好きな気持ちがある。

お父さんがいないときは?
ほっとする?寂しい?
寂しい。。。

なんで怒られるのか覚えてる?
何してたら怒られた?
ふざけると、怒られる。


答えが出ている。
変わりたくない。→腹落ちしかけている。
じゃーどうすればいいのか?
責任ってところを深堀した。
一理あるが、やっぱり何が原因でそうなっているのかを探ると、、。
変わりたくないっていう原因、根本。

ポジティブ逃避。
現実を見ていないから感謝できない。
親から逃避するから取組みもできない。
過去を振り返られない。
出来ない自分が見れない。
逃げた先は、責任っていうところに逃げてる。

何から逃げているのか。
感情から。感情逃避。人とか、出来事とか。。
感情にぶつかりたくないから。感じたくないから。
だから感情逃避。

どうしたらいいんだろうだけを考えると、感情に向かわない限り、
やりかたに逃げちゃう。

たけしの感情。父親への気持ち。遊んでいたとき、怒られていたとき。
たけしの吐き出しでもいい。誰かが引き出してもいい。対話でもいい。

過去の記憶がないってどういうことなのか?
覚えていると満足している事なのか?
逃げていたら覚えてない。
感情をちゃんと感じられている人は覚えている。
満足しているから覚えているということではない。
感情を味わっているか。

たけしとのコミュニケーション
自分もほっこりするような在り方


感情を書くときの注意点
思考が入っている場合でも、書く。
後から見直して、あーここはたけしの気持ちを表現しているけど、だれかが思考でかいているなーとか。
それはOK。
それは、オンタイムで感じてる?あとから感じた?
何が大事かって言うと、感情からそらしている自分がいるってことを自覚してやり直せばいい。
乱れて良い。たけしで書き始めたのに、入り交じる。
後で見返せばいいこと。大丈夫。わさわさだして、あとから整理する。ブログは見直す。
書く事が目的じゃない。感じていくってことが目的。
型にとらわれず、着地しなくていい。その都度、出てくるものを出す。まとまりがなくてもいい。

8/12
また勘違いを起こしてる。
責任を全うする=行動する。間違ってはないと思うんだけど、行動ありきになって、
結局疲れて終わり。そもそもって何だっけ?になってしまう。

ここ何日間がそうだった。

金曜日の朝に、次の日に熱海に行った家族が西武園遊園地行くので、行きたいと言われ
金曜日の夜が飲み会あって、二日酔いが気になったが、
子供の笑顔が見られればと思い、行動に起こした。苦手な車で。

今日もそうだった。
奥さんと、次女が施設に行っているので、長女と三女をつれて散歩した。
やったことといえば、やりたい事、したい事を聞いて、
全部やった。サイゼリヤ行って、アイスクリーム食べて、夕食にもつ鍋したいっていうから
食材買って、、、、。全部、行動。

またやってるよ。

責任ってなんだろう。

① 自分が引き受けて行わなければならない任務。義務。「―を果たす」「保護者としての―」
② 自分がかかわった事柄や行為から生じた結果に対して負う義務や償い。「―をとって辞職する」「だれの―でもない」「―の所在」「―転嫁」

いや、テキスト調べたってしょーがねーべ。

行動は、後からついてくるもんでしょ。。。。
その先にあるっていうか、、、、そもそもっていうか、、、、。

あっ、意志か。

あっ、先週、社長からきかれたこと。
「お前の価値観をワンフレーズで表してみろ」
「。。。。真っ正面から責任にぶつかる。。ですかね。。」
「ずーっと持ち続けろ。それが磨かれると、そのワンフレーズを根底に、成長と共にどんどん変わっていくから」

持ち続けられない。がパターンだ

8/6
↓今朝通勤中に自問してたこと

なんで責任を真っ正面から責任を受け止めようとしたいの
現状を打破したい。逃げる自分は嫌だから
責任を果たしたい。
じゃー責任って何?
役割だと思う。。。。

朝はここまで。

今帰宅途中のバスの中。
役割りって何だろう。
今までだと与えられているもっていう意識だった。
すごく受け身。主体性がなかった。
今の現状も努力して勝ち取った結果なのかも疑わしい。
逃げて逃げた結果だよね。

役割りってこうなりたい!って思って行動して勝ち取ったポジションじゃん。
父親、夫、ビジネスマン、個人、子供とか
やっぱ全部受身でとったポジションじゃん。

こうなりたい!っていう思いが役割りを作るんだよな。

8/5
責任逃れについて

色んなことから色んな理由をつけて逃げてる。
何で逃げてんだろうって考えてた。
そしたら、もしかして自分のことを棚にあげて哀れんでるんじゃないって思った。
例えばこんなに忙しいのは(時間とれないのは)周りの環境のせいで
ある意味被害者なんです、僕は悪くないんです、とか。
そこまで思わないし、思ったことないけどどうだったらどうしようもないよな。。。

でもさ、どっちにしろ責任から逃れてるってことは
自分から逃れてるってことだもんな。

伊藤さんも言ってた。
やっぱ意志なんだよ。

8/5
前回の責任にのなさついてのブログを書いてから毎日苦しい。
毎日責任責任って自分を追い詰めてる。
こうでもしないと何もかも真っ直ぐ受け止められない。
今までスルスル責任から逃れてた。言い訳こいて。
きちーよ。

8/1

責任のなさ
先週の木曜日、会社で飲み会があった。しこたま呑んだ。
いつも飲み会の時に言い聞かせているけども、飲んでも次の日遅れるな。
もちろん次の日には、普段通りに出社し、午前中までは、通常通り動けた。
だけど、午後過ぎてから急に吐き気とめまいがあって、もちろん酒のせいだと思っていたし、
自己管理が出来てないことの証明だけど、気分が悪すぎるので、病院へ行かしてもらった。
熱があった。早退させてもらい次の日も熱があったので、休ませてもらった。
そのまま、休みに入り、家族旅行。そして本日出勤となった。
朝、社長から全社員が出席する会議で、社会人としてあり得ないということを指摘され、
個別にも指摘された。

最低。くずすぎる。