子供への興味があるのか、ないのかの話
机の上に通知表が置いてあった。
見たいという欲求がわかない。
未だに見ていない。
父親として致命的な欠陥だと思う。
スポンサーサイト

子供達の勉強嫌いの話し
ハイで子供達と接しているとガツンと上から有無を言わさず会話してしまうのでさすがにまずいと思いながら、相手がどういう気持ちなのか状況なのか感じながら接した。
 
子供達の勉強嫌いがひどい
日常ほとんど会話がないから休みの日の食事中に宿題は?とか上履き洗ったの?とか質問することが多く雰囲気が悪くなることが多い。
さすがに余計勉強が嫌いになると思いきちんとした時間をとり会話をすることにした。
どんな話しをしたかというと
みんなでいう勉強がお父さんお母さんの仕事と家事に当たること。
お母さんもお父さんも仕事、家事について少なからずつまらないとか面倒くさい気持ちがあること。
大きく身構えるから取組むのがよっこいしょになること。
であれば、小さく前に進めばいいということ。(毎日1ページとか)
すでに成果が出ている習字とか家庭科は積み上げてるじゃんということ。
自分でもびっくりするぐらい上出来な話し合いだったと思う。
例えば、わかりやすく伝えるために例えばなしを多く出したこと。
話し合いは怖くないねと子供達に言われてホッとした。。
とは、言っても、、、
かなり気を使って話したせいか反動もあり眠気がすごくて寝て起きたらかなりのハイモード。
カレーが甘すぎたことに腹を立て最悪雰囲気。そして反省。
というか、休みの日がハードスケジュールすぎる。どうにかしたい。
例えば、掃除(アパートの共有部分の掃除機がけ、居間と自分の掃除機がけ)食器洗い、洗濯。クタクタだよ。。

2015/12/20ノアで買ったアンバーを家族みんなにプレゼントした。
かなり喜んでくれて嬉しかった。
ありさんがここにもいるよ!
匂いがするー!
コツコツ石貯金がみんなの喜びに繋がってよかった。