今日浮き彫りになったこと

今日浮き彫りになったこと

同期といっても3ヶ月先輩の同期が
結構今月成績を上げている。

この出来事から浮き彫りになったこと

●こいつを敵に回したいという欲求。
(前の会社で手っ取り早く成績を挙げるために、
敵を作り、数字で負かすというきっかけを
アイドリングさせていました。)

●自分の成績が上がらないことを他責にする傾向
(・難易度が高い仕事をしている
(実際、結構難易度が高い)
・お客さんからの問合せ窓口が同期になっている。
(実際何もしなくても見込みがあがる))

●自分のやり方を指摘されるとカチンとくる。
(前任のやり方を真似ていて、それを指摘されるとカチンとくる)

2番目は、同期より採用基準が高いところを担当しているので、
難易度が高いし、同期に問合せ窓口っていうのは、本当。
けれども、それを理由に、数字が上がらない理由にはならない。

やっぱり個人プレー入ってて、入社3ヶ月目でこんな大口を
たたけるってこと(特に3番目)は、プライド人格だなと思います。

帰り道、釈然としないまま、苛つきながら電車の中で
七つの習慣を読んでいて、はっ!っとなった件があります。

人は皆、それぞれの頭の中に様々な地図を持っている。
こうした地図は2つに大別できる。
現実を写し出す「物事のあるがままの姿」を描いた地図と、
自分の価値観が写し出す「物事のあるべき姿」を描いた地図である。
私たちは、あらゆる経験を、こうした地図をもとに解釈している。
これらの地図が正確かどうかを疑うことは滅多になく、そうした
地図をもっていることすら意識することは稀である。私たちは
単純に物事は「こうだ」あるいは、「こうあるべきだ」と思い込んで
いるだけである。そして、私たちの行動や態度、考え方そのものも、
こうした地図から生じている。

まんまやーん。

上司の地図がどうなっているかわからないけど、
少なくても、営業数字があがるようなアドバイスだし、
同期も、ノルマ数字に応えようと必死でがんばってるし、
それを無視して、苛つきながら帰る俺ってなんだろうと
電車の中で、ふっと、個人プレーに徹している自分が意識できました。

根深い、、、。

あした、ちょうど朝から数字会議があるので、
個人プレーに徹していたことをみんなの前で
発表したいと考えています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)