プライド人格を怖いと思いました。

  • Day:2011.09.15 01:26
  • Cat:日記
プライド人格を怖いと思いました。

何が怖かったのかというと
他の人格を影で操るってところです。

前段が長くなりますが
現実変えてナンボに至った
経緯として、営業成績を上げられたこと
ダイエットを成功させてること
前向きな態度で生きてることが
挙げれらます。
並行してアイドリング出来てたってこともあります。

で、
前の会社で営業成績を上げるために
手っ取り早く敵を作り、その敵より
営業成績をあげることが何よりも
嬉しくて、楽しくてたまらなかったんです。

ここでいう敵は、ちょっと頑張れば追いつく
ことのできる先輩や同期のことで
営業成績が上がる前で既に追い越してた営業マンは敵じゃ
ありません。

で、ここが問題です。
今の会社で昨日敵を作ろうと
しました。

僕の今の現状は失敗ばかり。
学ぶことが多く、ヨチヨチ歩き。
失敗は勿論許されるし、
積極的に失敗しろと言われてます。

ありがたいです。

でも、敵を作ろうとしました。
潰してやる!と言わんばかりに。

不出来な自分を受け入れられてないからです。
相手をケナして自分が優位に立とうとしているんです。
失敗してる自分が怖いし、恥ずかしい。
それをなかったことにしようとしている。

そして、何よりも怖かったのが、
敵をつくろうとしている最中に、
敵をつくろうとしているその瞬間に、
プライド人格に呑まれていることに気付けなかったことが
何よりも怖かった。

前の会社で、営業成績を上げて、収入上げて、リラに通おう!ここまではよかった。
けれども、敵を作ろうとした瞬間に、呑まれてた。
呑まれてることに、気付かず。

これに気付けて本当に良かった。

なんで、気付けたんだろうって思い返してみたら、
・個人プレーの問題。
・三女の入院。(奥さんがやってたことを、自分でやってみて、奥さんのありがたみを感じ
一人ではできることに限度があるってことを実感し)
・人の気持ちを感じてみることの大切さを知り
・会社での失敗の連続。

こういったことが立て続けに起こり、正直、へこんで、こたえました。

それでも、ハートから感じるのは、上に行きたい。もっともっと向上したい。
その想いがあります。

でも、ショックでした。こんな形でプライド人格がいたなんて。

怖いし、嫌だし、抵抗があるけど、やっぱやるしかないんだな。

現実変えてナンボ。
この軸は、変わらない、けど、気構え、心構えは変えないと。

がんばります。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)