ちびっこ人格、出た!

  • Day:2010.11.17 23:02
  • Cat:日記
今日は2本!
(の内の2本目!)


特定でき、会話もでき、まず思ったのが、

「君にあえてよかった」
「本当にあえてよかった」
「出てきてくれて、ありがとう」

でした。
今もこれ、書いてて、泣きそうです。

僕には、2人の人格が特定できています。

9歳の金ちゃん。
自己卑下。中学校受験に至るまでの色々な出来事で自分を卑下している。

19歳のファンキー。
金ちゃんの真逆に位置してて、俺やる!進む!とにかく前いく!みたいな性格。

今回特定できたのは

5歳。恐怖人格。

毎晩のように遊びにでていく父親にすがるように「行かないで~」と泣き続け、
父親に見兼ねた母親が、荷物まとめて家を出ていこうとしたときに
「行かないで~」と母親にすがった時から時間が止まっている人格。

ケイジ、と名乗っていました。

僕が
底なしのように感じる、恐怖感やさびしさが
このケイジに大きく関係しています。


金ちゃんが全面に出てきた時に、自己卑下を感じるのですが、
それでは、収まりきれない、説明し難いネガティブな感情がありました。

それが、どこからくるのか、言葉で説明するとどんな感情「名」になるのか
すごく、ぼやけていて、超不安でした。

6期のM井さんの誘導で、
ケイジを特定できたのですが、

きっかけはこんな感じでした。

M井さん「ちっちゃいころ、親との関係で何かあったとか、そんなことなかった?」

僕「いや、全然ないっす。」

M井さん「ホント?」

僕「はい。でも、、、、、。高校生以前の記憶ってあんまないんすよねー
  中学生の記憶も、、。それ以前も、、、、。」

M井さん「泣いたりとか、怖かったりとかもない?」

僕「ん~(腕組みながら)、、、。
  あっ!ある!全然ある!思い出した!」

出ました。今年二番目の衝撃です。

ここで、「ケイジ」を特定でき、

更に、M井さん曰く、

思い出させないようにしている人格もあるかもね。

ってことで、2人の人格を特定することができました。

早急に、接するべきは、ケイジ。

結構、警戒しているので、僕に心をひらいてきたら、
金ちゃんとファンキーに協力をしてもらおうと思います。


で、です。

正直を言うと、月末が近づき、営業ノルマ達成率が50%の今、
人格統合勉強会から、足が遠のこうとしていたのですが、
勉強会に出て、よかった。


伊藤先生と毎月(最悪、ひと月半)1回のセッションを受けること。
の約束をしました。

うし、がんばろう。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)