6/30

現状報告から
仕事の話しになってしまうが、先月から今月までスタッフが
ばっくれることが多くて、参っていた。
病んでるとまでは言わないが、仕事苦痛だった。

バックれるために、クライアントに報告しなければ行けないし、
嫌な気持ちにもなるしで、意識的に感情の起伏をさせようとはしなかった。

元々取組みもしていないし、更にしなくなった。
前回でた、ファンキーとたけしの課題も手付かず。

4月の課題は、もう一個あったのよね?
ばっくれにへこんでるってことを、予備校のことや親とのこと、先生に対してのことに繋げて行くってこと。

ファンキーとタケシとの課題。
バックれることを繋げる。

ばっくられる度に自分も先生に対して、同じ事してたって意識はしていた。

意識の問題。
少しの隙間の時間でも、出来るはず。

何のためにってあるでしょ。
何のためにセッション受けたいの?この先何に向かいたいの?って話し。

本来の目的を忘れて単純な行動に走ってしまうっていうのが
ポジティブ逃避のパターンで、同じことを今やっていると思う。

何があって、何のためにセッションに来ているのかも薄れてしまう。
親とも取組みも、繋がっていない。

話してしまうから、フェードアウトしてしまう。

改めて問われると、でる?
カルマ精算や霊的探求を通じて、どうなりたいってある?意志というか。。。

まずは、最近感じていることというと、
会話するとか、表現するとか、自分の状態をみんなに伝えるっていうところは
すごく大事だと、今更感じていて、相手側からすると相手の状況も理解しないと
行けないと感じれている。

嫌でも会話して行くのが大事。トラブルでも。
何でこうしたのか?どうしてこう考えたのか?って相手に表現できるのがベストだと
思う。
それを親と出来ると、様々な人とコミュニケーションが成り立って、本音で会話が
できると思う。
それに向かって行きたい。

家族とは?
話しは聴くようになった。でも大事なところで外す事がある。
例えば?
ナチュラルハイジーン。これはいいんだ!って行動ありきで、背景を説明することなく
強制してしまった。
基本は、なんで?とか、どうしたいの?というスタンスは続いてるかも。。。

聴く、話すというコミュニケーションをしたら、向こうからも(子供からの)訴えも
増えるようになってきた。

父親や家族とこれぐらいでいいやっておもうのか?
もっと分かり合いたいのか?
これぐらいでいいかなってない?
もっと会話したい。

子供にこういう大人になってほしいんだよね?
○○はどう思う?
みたいな会話がしたいけど、それはできるの?

変わりつつあるから、面倒くさいけど、ブログ書こうととか、
対話させてみようと、求めるものがあるからやるんだと思うけど、
十分だなってあれば、満足すれば、いいのではないか。

良い悪いじゃない。
本人が求めるものどまり。
本人が満足であれば、それでいいんじゃないか。選択次第。

改めて、どうか?

とにかく、会話したい。
回りくどいけど、今の会社はいって、良くも悪くも色んな方と出会った。
なんでバックれるのか?を聴くと、そういうのもありなんだなって感じるようになった。
刺激にもなる。いろんな意味で。
話してみて、わかることがある。
自分にも気付く。例えば、一生懸命仕事さがしをして、決めたいって気持ちもあって、
バックれる。それで、なんでだよ!って感情が湧き出る。
あーこういう感情が自分にもあるんだって。気付く。

仕事探しに真剣になれたからこそ出てきた感情。

それを家族に置き換えると、
ナチュラルハイジーンを押し付けないで、って奥さんに言われた。
「息が詰まる」と言われた。
意図は伝えているつもり。けど、言葉が足りない。

以前は、感情をぶつけて、終わり。
今回は、ぶつかったものの、背景を説明したりして、少しは進歩したかも。

父親には?
奥さんには?本音で伝えてる?本音で良いたことが言えている?
そこを求めてる?

父親と奥さん、怖さって言う意味で、ダブル。
話し合いはできるっていうのは前進しているかもしれないが、
本当に言いたい事が言えているのかが「?」かも。

感情的なやり取りはある。
どんな?最近は?
、、、、。僕がしているのは論破。上に立ちたいがための論破。

感情的になると、論破しようとする。
あまり良い方向向いていない。伝えたい事が伝えられない。
伝えたい事は文字で。その後に話合えばいいのではないか。
落ち着いて。

なんで本音がだせないのか?
出す方法を考えるのも一つだが、父親との関係にも行き着く。

積み重ねられる人って、やり方を変える事によって、前進できる。
けど、どうしても核心のところで、行きにくい。
結果が出るからこそ。

スクールでは、自分たちの実態が突きつけられる。
こんな自分ではいやだっていうところで、親との取り組みに繋がる人と
至らないところを受け入れられなくて、終わる人もいる。

行き詰まらないとモチベーションがあがらないのかも。
取組みって一般の方が難しい。

何となく結果、変化がでてしまうから安堵してしまう。
そこで足が止まる。弱い。

仕事でもテクニック。結果がでる。
結果がでてることに違和感がある。

どんな?違和感?

とりあえず、言ってみる言葉。
「今日どうだった?」
「●●はどう思う?」
本当に、こころから思って言ってる?って自分に?がでる。

どんな違和感?
子供にとりあえず、ここできかないと、今後ずるずる聴かなくなってしまう。
から、今、癖をつける意味で今聴くみたいな。

そこに対する、自分に対する、嫌悪感。
それを、親との取り組みに持って行く。

声がけが増えても、気持ちがこもっていないと、
欲求ていうのがなければ、いつまで立っても違和感はある。
本心で関わって行きたいかへの欲求。

嫌われたくない。
すかれたい。

どう思われたいのか。
だから子供にも本音を聴くのかもしれない。
それが、子供に気持ちを聴く出発点だったのかも知れない。
子供と話しているつもりでも、奥さんへのポーズだったりする。
奥さんに良い父親と思われたい。
なんでかっていうと、奥さんが子供に怒っている、感情的になっている
場面がやだ。
それを味わいたくないから、子供と話す。

嫌われたくない対象は、会社の同僚、地元の友達とかに対しては、
嫌われるのがいやなので、本音で接したい。

僕の本音が聞きたいって、本音を聞きたいってこと。
普通は、本音を言う方が、遠のく場合もあるんじゃないか?

極端だけれども、本音をいって、ぶつかって、分かり合うという意味での本音。

それは友達だよね。
じゃー嫁に対しては?

過去の事もあり、すかれていると思っていない。
じゃー、これからどうしようって言うのをしたい。
ここまで信用を落としたのも、自分だし、ここから積み上げたい。

奥さんとの関係は、本音でやりとりをしていきたい。

予備校の時、奥さんと過去のこと話した?
結構話したと思う。
過去のことは、しょうがないじゃん。
しょうがないよねってリスタートっていうか。。。
やったことは消せないけど、許せないけど、今は、変わりたいっていう気持ちを
伝えてもらったとしたら、変わるんじゃない?

すかれてないっていうのは、奥さんの問題なのか?僕の問題なのか?
着地していないのか?

話し合いの中で、過去よりかは変わっているというのは分かる。
けど、まだ足りない。

予備校のリタイヤのケツ拭きと一緒。
やったことは変わらないけど、そこに対してどうケツを拭いていくかどうか
そこにいるかどうかってところで違いが出てくる。

ケツが拭けていない。
そこがクリアにならないと、奥さんとの距離が縮まらないと思う。
先生との距離も縮まらない。

予備校のリタイヤ抜きには、取り組みする上で、語れない。

僕がスタッフにかけた思いの数十倍、先生が気持ち向けて
スクールに届くために、どうしたらいいかっていうのを考えてくれてたのに、
どうしてリタイヤしたのか?
先生の気持ちとかを考え、じゃーこう取組みしていこうかとか
奥さんの失礼な態度に対してもどうケツを拭いていくか。
先生に対する奥さんの態度にものが言えなかった自分。放置した。
それに対して失望された。

足りないなりにも、やっているかどうか。

やったことは変わらない。そこに対してどうしていくか。
でも見つめ直して、取組みを続ければ、距離は縮まる。
至らないから、やらかすのは仕方ない。
でもそこから、どうするか?どう埋めるか?
奥さん、親に対しても。

さっきの奥さんとの話し。
リアルタイムで頭をぼやかす自分がいる。

どこが一番ぼやかしたい?みたくない?
あのくだりそのものです。

あの時の自分のこと?
奥さんと過去のことを振返りながらやりとりしたこと?

、、どっちもです。

今ここでぼやかしたいのに、奥さんと話してた時って
どうだった?真っ白になった?理詰めだった?

自分もどうしていいか分からなかったし、
とにかくやるしか無かった。誤り通しだった。
そこにしょうがなかったって正当化されると納得しないし、
今思うとあり得ないって奥さんに寄り添う、大変だったよねとかじゃ、
乗っているものが違うともう。

夫婦関係のしこりって妊娠中の時でしょ?
何が一番問題だった?

飲み歩いてたこと。
食事の世話が一番大変だった。
一人で支えてた。

失った信用をどう取り戻していくか?
それの前提の出来事の話しをする。
大元の出来事をお互い納得していかないと、やりとりをしていかないと。

正当化したい気持ちもあるかもしれない。
例えば、逃げたいとか。
人格の声だったとしても、それを出し切った上で、話せないと。

闇の部分を引っ張りだす。
結局どう在りたいのか。
それが大事。どうなりたいのか?を常に持つ。
違和感を感じて、流さない。
この違和感ってなんだろう?って感じる。
言葉にしてみる。

違和感だけで終わらすと、ふわっとしてしまって、流れてしまう。
振返った時に出てくる汚いもの。
逃げたい、こわかった。目の前に出した時に、
普通だったらあり得ないって思うはず。

それが出来て、初めてケツが拭ける。
リラの事に関しても、奥さんのことに関しても。
紐解いていく。
どうなりたいかが大事。

もう一度、過去を振り返る。
ブログを読んでもいい。
どれくらいあり得なかったのか?
じゃーそこからどうしたいのか?

時間がないって言い訳しているパターンを変えていかないと
出来ているかというと疑問。

逃避は理由を持ってくる。
やろうと思えば、短時間でもできる。

そこをみる。
こんな自分あり得ないって、前にだす。

子供の活躍が喜べない。
自分が満たされてないから、喜べない。
だから、自分を満たすために会話がある。

何か違和感を感じたら、流さないで取り組む。自分への信頼に繋がる。

感情をしっかり感じる事。
逃避は感情逃避がつきものだから、書いていく事。
じゃないと刻まれない。

そこから、逃避から逃げてたら、積み上がらない。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)