落ちる、落ちる。

  • Day:2011.05.06 02:49
  • Cat:日記
GW中は落ちに落ちていました。
自分でもびっくりするぐらいに。

とにかく、何をするにもやる気はでない、
子供に話しかけられても、反応できない、
どーすることも出来ませんでした。
ずーっとでは、ないんですが、かなり重症でした。

結局、今までの家族を幸せにするっていう意気込みが
自分だけのスタンドプレーだったんですね。

一人で突っ走って、今起きてる不都合なことに
目を向けず、どかーんと、現実が突き付けられた時、
対処出来ずに、落ち込むスパイラルに
勝手に落ち込んでいったっという感じでした。

この、一人で突っ走ってしまった、理由の多くが、
行動だけに特化しちゃって、
その行動が家族の意志とちゃんとリンクしてなかったのかなと、
その行動の裏にある、自分の気持ちっていうものを
奥さん、子供たちと共有出来てなかった。

だから、不都合が生じた時も
パワープレイみたいな感じで、「これだけやってるんだ!」と
間違った自己主張に執着してしまい、奥さんも、僕が言ってきかない
もんだから、無駄な衝突は避けてたってことが、表面化してきたというのが
今回の実際なのかなと考えています。

これって、背景を探ると、母親の影響が大きい。

母親の父親像というものを小さい頃に刷り込まれた、、、、
というよりも、聞かされてたのが、価値観になっちゃたのかなと。

僕の小さい頃(小学校低学年ぐらいまで)
父親が夜遊びに行ってしまって、お祖母ちゃん(父方)が
母親に、「この家は母子家庭だね」と嫌味を言われている場面が思い出されます。

母親の父親像は、単純で、
朝早く起きて、仕事に行き、その背中を生き様で見せる的な感じで
多くは話さない、昔ながらの怖い父親っていうのが、像です。

僕の父親と真逆ですね。

母親も、自分の父親像と現実との間で戦ってきたのかと
今は実感できます。

で、僕もその像と自分の出来なさとで戦っています。

そんな感じの背景があり、
ギャップに悩み、自責し、落ち込んでいたのがこのGW。

全然、ゴールデンでは、なかったですが、
すごくいい学びの休みでした。

まずは、奥さんと話そうと思います。
子供を両親に見てもらって、
子供が生まれて以来、1度くらいしかない奥さんとのデートを
しようと思います。

そこで、いろんな事を話そうと思います。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)