・子供について
母親との関係が実感として伴ってきた頃から
子供に対してのイラつきや戸惑いが多くなってきた。

・自由に発言してきたり
・ものをちらかしっぱなし
・自由奔放に振舞ったり
・こっちの苦労なんて感がえていなかったり
・明日のことなんてお構いなしで夜更かししたり
・宿題をしなかったり
・かまって!とつきまとわれたり

始終気持ちが穏やかじゃない。

小さかった頃、許されなかったんだろうなって思う。

いや、結構自由にやってたけどなーって感じるけど
それは、16,7を過ぎたあたりでファンキーが出てきた頃からだなって。
だから、これはマッチしない。

やっぱり小学校前後のあたりの記憶
・縄でしばられたり
・1度しかって2度目はないと言われ、ケツを引っ叩かれたこと、何度もある

いやちょっと待てよ。
怒られたことたくさんあったけど、
そもそも接する時間が少なかった。
共働きだったし、食事はばあちゃんの家で食ってた。

それを穴埋めするかのように、
親が休みの日は、外食に行ったり、毎年家族旅行も行ってた。

心を通じ合わせるような会話や感情を交えてガチンコ勝負ってのも記憶ない。
許されなかったのか、自分が諦めてたのか、わからないけどないな。

これを今の子供にみてる。
羨ましい。どう応えていいか戸惑う。
こうしている間も子供を傷つけているのがわかる。
でも、どうしたらいいんだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)