子供がチャレンジをどうしてもやりたいって。
断る理由もなく、俺もやってたから入会した。

けど年間6万かぁー!
掛かるなーー!
頑張ってくれよー
お父ちゃんも稼ぐわぁ!

補講を受けて

幼少期のエピソードを、みんなとワークしてたら思い出して。
黄金バットの主題歌を母親にせがんで、ケラケラ笑って、黄金バットを見たらヴィジュアルにマジビビリしてたような記憶が浮かんで来た。結構深い思い出だなって。

後半はなかの言葉がビシビシ伝わって来た。
真剣さ
カルマまみれでいいから出す
出せば出すほどまともになる
他人と真剣に関わりあう

メモを見返しながら、じっくり感じてる

なかありがとう
先生貴重な機会をありがとうございます

3月ベーシックに出られなくて、落ち込んだ。
体調管理とか万全ではないけど、睡眠や食事に気をつけていたけれども
ここで熱とアレルギーかって。
ノア授業や1dayに極力仕事が重ならないように調整してきたけれど、
ここで仕事が入るかって。
前回のGセッションで気づいたこと、教えてもらったことを誰かに聞いて欲しかったし
最後の授業だし、参加したかった。

でも、一方で、体調不良だし、体が動かなかったから
しょうがないじゃんっていう開き直るような気持ちもあった。

たかことのラインを通して上の2つの気持ちが出てきた。

昨日のGセッション

日常的に緊張しているし、緊張している状態を、(今はもうオートだけど)悟られないように上手に隠しているっていうのが、わかったし、この状態だと取り組みが上手くいかないということもわかった。まずは緊張を自覚するところから。

受講させていただいてから毎日エネルギーワークしてる。
仕事での移動中、事務所で頭が詰まってる時、寝る前とか。
やればやるほどというと大袈裟だけど毎日体と頭が重だるい。
胃が固まってる日もあって、呼吸ヒーリングもやった。
でもやる。ベーシックなところを毎日取り入れるって
すごくしっくりくる。重だるいながらも、仕事とか、
家のことととかやれてるかんじがする。

ちえと相撲やって超面白かった。幸せな時間だったなー
けど、やる前は超ローテンション。

忙しすしぎて、人前で話したり、慣れない業務したりして失敗して、
それでも頑張ってしまって、熱が出た。頭がぼーっとして、何もできない。
体を休ませてあげたい。

録音きく
聴こうと思ってパソコン開け始めたらこめかみが重たくなってきた。ぼやける。目を閉じるとクラクラする。
抵抗だよな。。でも、聴く。

部長と同行
依存が浮き彫りというか再自覚した
じゃー話し進めてと言われた瞬間に頭が真っ白
これじゃ成長ないわ

自分を無価値だと感じてしまっているが
今ままで積み上げてきたことを振り返ると安心するが、仕事でへくりまくり。
落ち込むわ。。。

被害者意識にのまれ、ありえなさというか身勝手さというか、アホさに気がつくと
今度は無価値だと責め始める。

仕事中
上司に対する怒りと
孤独感というか誰かに切り離されて悲しいとか寂しいとか、疎外感というか複雑な感情を感じた。
同時に人から好きでいてほしいとか、愛されたいとか、必要とされたいとか、安心したいというか気持ちもあり、、、

被害者意識も感じる。
何でこんなに頑張ってるのに
こんなことになるんだよとか。

一生懸命頑張ってるのに
仕事がうまくいかなかったり
関係が築けなかったり

胸の真ん中のぎゅーってなって
不安が身体中を駆け巡るかんじ

怖いというか不安というか

次女を寂しがらせている
時折見せるすごく悲しそうな表情
ごめんね。お父さんがこんなんで。
ほんとごめんね。
今はそれしか言えない。

次女を寂しがらせている
時折見せるすごく悲しそうな表情
ごめんね。お父さんがこんなんで。
ほんとごめんね。
今はそれしか言えない。

引越し

慌ただしい。
家をあてがって貰ったのは
代々受け継いできた資産と
子供達のことを考えながら
規模を大きくしてきて
くれた父に感謝で
感謝しきれないぐらい気持ちがある

一方で寝るスペースがねーってことにイラつく。

慌ただしい。
ダンボールがところ狭し状態で
自由に動き回れない状態が苦しい

長女は手伝う
次女は環境が変わったのか腹痛を訴え
片付けの合間を縫って奥さんが対応してる
三女は片っ端から荷物をぐちゃぐちゃにかき回す
俺は自分の部屋の整理と洗濯で行ったり来たり

苦しい
めまぐるしくアトラクションだらけの
楽しくない遊園地みたいだ

家族でさ、こう言う状態でも楽しみながらやりたいよ

もう引越しは嫌だ
部屋が汚いのは我慢ならないし
必要なものが必要なところにないのが
たまらなく嫌だ

もう2度とやりたくない

引越し

朝からバタバタ
体調と気持ちは不調
落ち着かない

新しい家に搬入して
初めて家を、部屋を見たら
寝るスペースがない
無理くり寝るスペースを作ると
部屋として機能しない

さすがにカチンときて
両親に訴えた

俺含め両親も感情的になったが
ビビるものの言いたいことは言えて
引かなかった。

1dayで学んだから出来たと思う

子供の頃、パソコンを教えてくれた近所のお兄ちゃんが1年前に亡くなってたってことを、人伝てで聞いた。じわじわとショックだった。あー、亡くなってたんだって。知り合いを含めると、亡くなっている人が、おそらく多いんだろうなって。なーんもパソコンについてわからない子供の自分にパソコンってすごいんだぞってことを教えてくれたし、自作のゲームで遊ばせて貰ってたと思う。自分はマニアではないけど、パソコンのことが好きだし、それがapple好きに繋がっているし、そのきっかけを作ってくれた人だって、点と点が繋がった。エンジニアに対して特別な敬意を感じるのも、それがきっかけなんだろうなって。

お兄ちゃんのお母さんが、うちが商売をしていた時に働いてた従業員だった。子供のころ、本当に可愛がってくれた。当時の写真があったなって、探したけど、なかった。誰かが持ってるのかも。

小さいころから暗い感じの子供だって思っていたけど、親に聞いたらひょうきんだって言ってて、齟齬を感じてたんだけど、写真を見ると、ひょうきんだったんだろうなって感じがする。ピースが裏返る感じ。

母方のばあちゃんの息子(おじちゃん?)から遺言の手紙、生前贈与を受けた。
想いのこもった手書きの手紙を読んだ。
涙が溢れて、父親と母親の目の前で泣いた。
親の前で泣いたのは何年振りだろう。
母親は俯き加減で様子を感じててくれて、父親はテレビを見てた。
母親は寄り添ってくれるが、父親は、、、どうなんだろう。わかんないや。

おじちゃんが、どうして甥っ子姪っ子に生前贈与したのか
理由を考え、感じたら、温かさだったり、知性だったり、
考え抜いて出した結果なんだろうなって感じて
その感情と知性が入り混じった複雑な経緯が愛なんだろうなって感じた。

勤め先のトップセールス(3年先輩)に営業成績で肩を並べた。入社一年でここまでよく来れたなって思う。でも身体の悲鳴を横目で見ながらごまかして、しこたま働いて、結果だして、達成しても、充実感も得られない、自己肯定も、褒めることもできない。むしろ出した結果を自分への脅迫材料にして、もっと頑張る。もうそんなの嫌だ。もう、疲れた。ヘトヘト。
ふと、気付くと目線を下に、何も考えず、ぼーっと宙を仰いでる。
ーーー
最近、目が充血して目が霞む。寝不足が慢性的になってるからだと感じる。友達が亡くなった知らせを聞いてから寝不足が加速した。
眠くても眠れない。毎日2-3時間そこそこ。
充血して目が霞むなんて、記憶にない。初めての経験。
相当疲れてるんだろうなって、充血した目を見て初めて身体の疲労に気付く。どれだけ、麻痺掛けてるんだ。
ーーー
友達が亡くなって、ばあちゃんの体調が急変して、友達やばあちゃんに感じている想いを感じ尽くしたいのに、それでも日常生活を送らなきゃ行けなくて、真逆なことをやっていたら、彼女への想いが強くなり、涙が出てきた。あの時間が惜しくてたまらない。
一緒にいて安心して癒やされてたって。
誰かに頼りたい、安心して、甘えたい。
けいくんの気持ちなんだとおもう。
このころ、母親の布団に入って、いい匂いを感じながら、安心して、身体を丸くして寝てた、あの感じ。
彼女に会えないんだって考えると、胸の奥が詰まる。

休むことを課題にやってきた。
それとは裏腹にやることというか、出来事がたくさんあり
休んではいるものの、なかなか休まらなかった。

やったことといえば、
仕事場で休む、寝る
湯船につかる
食器・洗濯は任せる
抵抗というか、こんなこと任せちゃっていいのかなとか
こんなゆっくり風呂入っていいのかとか
出てくるけど、体が休まらないし、リラックスもできないから
率先してやった。

それでも、休まらないし、落ち着かない。
日常生活がきつい。

ばあちゃん(母方のお母さん)が血の混じった嘔吐を繰り返したって
母親から聞いた。
もう長くないから、お見舞いに行こうって。
大好きだった。甘えさせてくれたし、優しかったし
実家に帰るとお風呂入ったり、甘い卵焼き作ってくれたり
出前とってくれたり。別れるときは泣きながら電車とか、車にのった。

もう勘弁してよ。
また人が亡くなるのかよ。
もたないよ。

新しい住居のことで家族で話し合った。
いろいろあってしこりがのこり弟と仲が悪い。
事前に両親から揉め事を起こすなと言われていた。

まじかよ、そうやって上っ面のところで関わってっから
今でも関わりが薄いんじゃねーかよ。
グウの音もでねーぐれー、ぐちゃぐちゃにしてやりてーし
恥かかせてやりてーし、ハンチクじゃ許さねー。
まじでぐちゃぐちゃにしてやりてぇ。

お互い譲り合うわけもなく、ディスり合いが続いたが
話を聞いてると、ひょっとしてこいつ、辛いんじゃないか?
生活がきつくて、やらなきゃで精一杯なんじゃないか?
って感じ始めて、気持ちを落ち着かせつついろいろ聞いて行った。

どうしてバリアというか、そういう価値観になったんだ?的なことを聞いてった。

あ、こいつ、すげー頑張ってる。
そこそこの給与で生活レベルを極端に下げて、借金を返して
育児、家事も俺以上に頑張ってる。
それでも気を張って、頑張ってんだ。俺は何をみてるんだ?
瑣末なところに気をとられて、何もわかってやれてない。
なにかサポートできることないのか?もう抑えるなよ。
俺を頼ってくれよ。あんまりにもキツすぎるだろ。
もうそれ以上頑張らないでくれ。

お互い本音に近いところで話して
親も積極的に関わったし、親の描いている家族ハッピーストーリも聞けたし
弟も途中泣き出して、つらかったんだよなって。
歪みあってる場合じゃないよなって。

俺のハッピーストーリも話せたし、普段ならしねーし
話す発想ねーし。でもできてよかった。

弟との不仲になるきっかけについて
強情張って謝れなかったけれど、今日は謝れた。

最後は、
弟とガチで強い握手と頼るから頼ってよと言えた。
恥ずかしかったけど。

親も話せてよかった。と言ってた。
は?感情混じりで話すの避けてたのに?と思ったけど。

弟と距離が少し縮まった。

一昨日、仕事でレポートを仕上げるために徹夜した
昨日友達から闘病中の幼なじみが亡くなったと聞かされた。
徹夜でフラフラだったが、朝方まで眠れずにいた。
授業参観もあり、やりきれない気持ちを引きずりながら学校へ行った。
食事を作る気にもなれずに外食し帰宅したらバタンキュで朝方目覚めたが
中途半端に疲れが残ってて、気持ちも重たいしでもやることたくさんあって
子供達が洋服を買いたいっていうから、父親の手伝い、家の掃除、昼食、夕食を作って、
段取り組んで、いざ出ようとしたら、子供たち担当の片付けが終わっていない。
そこで緊張の糸が切れて、ぐったり状態。
子供達を叱りながら、外出はやめて、体を休めることを優先した。

あまたとからだが壊れそうだった。
今も吐き気と頭痛が治まらない。

まじで一人になりたい。
時間も気にせず、仕事にも追われず、解放されたい。
2日間ぐらいでいいから。
罪悪感とか感じてる場合じゃない。
まじで壊れそうだった。

友達が亡くなった。
昨日知らせを受けた。
友達からの電話を切った瞬間にこみ上げてきて泣き崩れた。
途中で何のために泣いてるのかわからなくなるぐらい泣いた。
別の友達から、心臓のばくばくが止まらない。どうしようって連絡が入って
電話で話しながらお互いを落ち着かせた。

幼なじみだったし、空手を始めたのも、その子が好きだからで
バンドも組んだこともある。告白したこともあるし、
最近は小学校同窓会の幹事を一緒にやってた。

最後まであいつは生きることへの執着を捨てなかったし
両親も娘のためにって受け入れ先の病院を探してた。

頭真っ白。